INSIDE WEB

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこリーグ、第3節を終えて(その2)

代表組抜きでも、新潟Lは完成度の高いサッカーを展開。


【西森彰=取材・文・写真】

 6位から8位には、昨季のリーグ戦上位チームが続く。浦和レッドダイヤモンズレディースは、開幕戦でI神戸に敗れ、第2節のジェフL戦も落として連敗。埼玉ダービーで、ようやく今季初勝利を手にした。

 昨年も、レギュラーシリーズ、エキサイティングシリーズ、皇后杯の3大会で「この試合に勝てば優勝」というシチュエーションを幾たびも迎えたが、どの試合でも勝ち切ることができなかった(エキサイティングシリーズは得失点差で優勝)。逆転された開幕戦を含む3試合全てでビハインドを背負ったが、こういう逆境を乗り越えることが、チームの成長につながる。

 仙台から獲得した長船加奈の離脱は誤算だが「(長いリハビリ生活を)全て喋ろうとしたら、数時間はかかります」という藤田のぞみが復帰。試合ごとに先発メンバーを変えられる利点を活かせば、巻き返しの機会は巡ってくるだろう。

 昨季3位のアルビレックス新潟レディースも浦和同様に開幕2連敗を喫した。どちらも完封負けだが、シュートチャンスで大事に行き過ぎた感が強い。そのあたりを「映像を見ながら、選手同士で確認しました」(大石沙弥香)という第3戦では、17本のシュートを浴びせて勝利した。得点は僅かに1点だが、これは相手GK福元美穂の好セーブあってのもの。内容的には完勝に近い。

 北原佳奈、上尾野辺めぐみと代表組が相次いでケガに見舞われたが、このふたりを欠いても、チームバランスは機能している。能仲太司監督の下、この2年間で積み重ねたものが活きているのだろう。期待のルーキー・八坂芽衣も第3節で公式戦デビュー。「高校でもこうした場面で出ていましたし、それほど緊張はしませんでした」と八坂。1点差の場面でこうしたカードを切ることで、選手層は厚みを増していく。

 昨季、レギュラーシリーズを制した岡山湯郷Belleも、1勝2敗と出遅れた。このオフに、簡単には代えの効かない、有町紗央里、中野真奈美が移籍。昨季も選手が大きく入れ替わったが、その時との違いは、守備よりも構築に時間がかかる攻撃の再編成が必要ということ。現状の成績は満足いくものではないが想定内とも言える。

 去る者あれば来る者あり。今季は、高校女子サッカーで活躍した選手が、ひとりまたひとりとデビューを飾っている。この湯郷ベルにも、開幕戦から先発している岸野早奈をはじめ、大久保舞、森迫あやめと好素材が加入した。彼女たちのコンディションがなでしこリーグのレベルに追いついて来れば、チームの状況も上向いてくるはずだ。

丸山桂里奈(右)と成宮唯(左)のホットラインは、本並監督(右)の切り札だ。

 スペランツァFC大阪高槻とASエルフェン埼玉の2クラブが、今季未勝利。AS埼玉は昨年のタイトルホルダー3チームに3連敗。こちらも湯郷ベル同様に選手が大きく入れ替わった。新たに指揮官となった吉田弘監督は「上位リーグに進んで経験を積む」と青写真を描く。そのためには、これから始まる中位以下のクラブとの直接対決が重要になる。

 大阪高槻は、チャレンジリーグ降格後1年でなでしこリーグに返り咲いた。こちらは、昨年を勝ち抜いたメンバーを軸に、戦術面を180度変えてきた。上位チームとは彼我の力関係を認めつつ、5バック気味の布陣で守りながら、カウンターに活路を求める。降格した2年前との違いは、チーム全体でこの戦い方を理解していること。そして丸山桂里奈の復活だ。

「体調は上がってきていて、フル出場も増えてきました。ノリさん(佐々木則夫監督・なでしこジャパン)からは『おまえ、本当に全部出ていたのか?』と聞かれたりもするんですが(苦笑)。私の場合、代表での役割はスーパーサブ。そうした役割の人は他にいないと思うので、監督が描いているピーク時の私を出せるかどうか。他の人との競争じゃないと思いますし」(丸山)

 前節のI神戸戦でも、その存在感は抜群。コンディションがいい時に発せられる「今日は調子があまりよくなかった」という泣きのセリフも出てきた。ここ2年ほどはケガもあって低空飛行を続けてきたが、ワールドカップイヤーを迎えて復活間違いなし。成宮唯とのホットラインは、今後も敵を脅かしていくことだろう。



 桜の季節から、新緑の季節へ。そして夏には女子ワールドカップカナダ大会を迎える。メンバー入りもかかる、なでしこリーグの戦いに、さらに注目していきたい。
スポンサーサイト

なでしこリーグ、第3節を終えて(その1)

今季の澤穂希(白)は、明らかに復調を感じさせる。


【西森彰=取材・文・写真】

 女子ワールドカップ・カナダ大会を夏に控える2015年。なでしこリーグは開幕から早くも3節を終えた。レギュラーシリーズだけで18節、しかもワールドカップの中断期間が入る長丁場だけに、ここまで3試合だけの結果を見て、大騒ぎする必要はない。それでも、好調なスタートを切ったチームにとっては、安心材料にはなる。

 とりわけ、復権を期すINAC神戸レオネッサはそうだ。黄金期のメンバーを海外から呼び戻し、文字通り「三顧の礼」で松田岳夫監督の招へいにも成功した。浦和レッズレディースとの開幕戦は、相手ホームに乗り込み、3-2のスコアで勝利。昨年の逆パターンで借りを返すと、そこから3連勝。鮮やかに復活を遂げている。

 代表候補の選手には厳しいマークがつけられるが「そうすれば、他の選手が開いてくる」(川澄奈穂美)。第1、3節では京川舞、第2節では伊藤美紀、増矢理花、仲田歩夢と若い選手が、薄いマークを利してきっちりとゴールを奪った。さらに、アルガルベカップをパスし、開幕に照準を合わせた澤穂希、復帰した近賀ゆかりと新加入・鮫島彩の代表両SBも、攻撃に厚みを加える。新旧のバランスが整っている。



 勝ち点7でこれに続くのが、皇后杯優勝で今年の幕を開けた日テレ・ベレーザ。昨季、レギュラーシリーズ、エキサイティングシリーズのどちらも微差で落とした日テレだが「実際はどちらも『浦和が勝てなかったら』という条件付きのもの。自力で決めるチャンスはなかったのだから、本当の意味で優勝争いをした実感はありません」(岩清水梓)。カップ戦に続いて、久々のリーグ戦制覇を目指している。

 今季から加わった上辻佑実は、スタイルにぴったりの技巧派であることを、開幕前のトレーニングマッチから証明している。阪口夢穂と共に、生え抜きの若手を動かしながら、変幻自在の攻撃サッカーを、さらに発展させていくだろう。

 チーム創設以来初タイトルを狙うベガルタ仙台レディースが日テレと並ぶ勝ち点7。そのベガルタに敗れた伊賀フットボールくノ一も、その次位につける。仙台では川村優理がチームを救うゴールを連発し、ワールドカップメンバー入りに大アピール。今季から金鐘達監督が指揮をとる伊賀FCは得点力アップが当面の課題か。昨季、下位リーグに回った2チームは、この先に控える昨年のタイトルホルダーとの戦いで、真の力が試される。

千葉Lは、チーム一丸で走るサッカーを展開。

 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは、勝ち点上は5位と中位に位置する。日テレ、浦和といった首都圏のライバルとの対決を終えて、1勝2分けの無敗。第2節では、古巣との対決に燃える浦和出身の選手や「(福岡J・アンクラスで同僚だった猶本光は)やっぱり、一番負けたくない相手」と語る川村真理らが鋭い出足で圧倒。スコア以上の内容で勝利を飾っている。

 昨年から指揮をとる三上尚子監督は、ユース出身選手の成長を待ちながら、戦っている。それでも瀬戸口梢、西川彩華といった的確な外部補強を行いながら、確実に勝てるチームを作っている。コンスタントに得点を奪い、すっかり代表に定着した菅澤優衣香も「周囲との連携は昨年以上」。ワールドカップで正GKを目指す山根恵里奈ともども、チームの顔として更なる活躍を見せたい。


123456789101112131415161718192021222324252627282930 04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。