INSIDE WEB

 

山形の追撃届かず、G大阪見事な三冠達成!

141219_01.jpg
取材/文:貞永晃二
第94回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝
日時:2014年12月13日(土)14:04 キックオフ
会場:日産スタジアム 観客数:47,829人 主審:佐藤隆治
結果:ガンバ大阪3-1(前半2-0、後半1-1)モンテディオ山形
得点者:【G大阪】宇佐美貴史(4分)、パトリック(22分)【山形】ロメロ・フランク(62分)、【G大阪】宇佐美貴史(85分)

 浦和、鹿島に競り勝ちJ1リーグ優勝を果たしたG大阪。プレーオフで磐田、千葉を連破しJ1昇格を決めた山形。両チームは慌しい1週間で、可能な限りの準備をして例年とは異なる「元日」ではなく、「国立」ではない天皇杯決勝に挑んだ。

 現在のチーム力を比較すれば、圧倒的に有利なのは国内三冠に挑むG大阪だった。第三者的に試合が面白くなるには山形が先制することだと思われたが、そんな淡い期待は開始4分ではかなく消えた。GK東口のフリーキックが前線へ。空中戦を制したパトリックが頭でフリック、宇佐美はこれを胸トラップからの素早いボレーで狙う。山形GK山岸がなんとかストップするが、こぼれダマを拾った宇佐美が再度シュートしネットが揺れた。昇格プレーオフのゴールで一躍「時の人」となった山岸もこれは止められなかった。

 試合開始から、丁寧なビルドアップでG大阪のプレッシングをかわし、敵陣に入り込んでいた山形は、リードされても決して落ち込むことはなかった。失点直後も、ロメロの突破やセットプレーで意欲的にG大阪ゴールを目指した。しかし、長谷川監督が「出てくるのはなんとなく分かっていた」と振り返ったように山形の攻撃は想定内だった。攻め込ませ、奪ってカウンターというパターンはJ1屈指の2トップがいるだけに強烈極まりない。17分に宇佐美のロングドリブルからのフィニッシュは追加点とはならずとも、山形DFを大いに脅かした。

 そして22分、今度も宇佐美がハーフライン辺りで相手コンタクトをかわし前進し、左を並走したパトリックへ。背後を追い越す倉田のフリーランを囮に中へ運んだパトリックは右足で美しいカーブシュートをゴール右上スミに運んだ。「練習でも見たことがない」と倉田を驚かせたゴールでG大阪はまた点差を広げた。

 追う山形のブラジル人エース、ディエゴが右サイドから狙うがサイドネット。これが山形の前半最後のチャンスだった。G大阪の攻から守への切り替えはスピーディで、リードを2点としてからも徹底され、山形のチャンスの芽をことごとく摘み取った。攻めの方ではCKから岩下がヘッド、これはGK山岸の足に阻まれ前半を終えた。

☆☆☆☆☆☆
 「まだ2-0。次の点がポイント」とはハーフタイムの山形・石崎監督。そのプランをいきなりG大阪は壊しにかかるが、フリーシュートをパトリックが外し3点目を逃す。冷や汗をかいた山形はCKの流れから當間のヘッドでG大阪ゴールを脅かす。60分には山﨑から林へスイッチしディエゴを1列下げてG大阪守備陣の狙いを分散させ、そして62分、左サイドを上がった石川のクロスが松岡へ。トラップミスにも見えたがうまくロメロの前にこぼれ、左足ダイレクトシュートはGK東口の堅陣を破った。

 1点差となり歓喜する山形サポーターに後押しされた山形は、宮阪の直接FK、林のポストからディエゴの左足でG大阪ゴールに迫った。ここは「打ち合えばいい」と長谷川監督が同点を覚悟していた時間帯だったが、1点差とされても動揺を見せない東口の安定感あふれるゴールキーピングがその心配を払拭した。

 G大阪は、77分に足を痛めたCB岩下がタンカで退場するが、代役の金がしっかりと補い山形にスキを与えない。逆に山形の右SB山田が足をつり10人となった山形にG大阪攻撃陣が牙を剥く。85分、細かくつなぎ右から遠藤の横パスを下がって受けた宇佐美が右足を一振り、ブロックしようとした當間の足に当たって浮いたシュートにさすがの山岸も頭上を抜かれた。3-1、勝負は決着した。

 長谷川監督はリンス、明神とシーズンを通して貴重なサブだった2人を交代投入し、三冠達成を告げるタイムアップの笛を聞いた。
☆☆☆☆☆☆☆☆
 G大阪の三冠は2000年の鹿島以来の偉業。ワールドカップ中断前の不振がバネになったのだろう、中断以降攻守両面での安定感はチャンピオンにふさわしいものだった。今季は昇格組として、そしてチャレンジャーとしてJ1を席巻したG大阪だが、来季は2ステージ制導入、ACL参戦と日程がよりハードになる。さらなる戦力アップでJ1連覇に加えACL2度目の優勝をも期待したいものだ。

 一方、J1昇格に加え初タイトル=ACL参戦と一気に駆け上がりたかった準優勝山形。J1王者に対して奇策を弄せず真正面勝負を挑んだ結果の敗戦だが、来季戦うJ1への予行演習としては最高の場となっただろう。

 山形の健闘は大いに称えられるべきだが、2回戦からここまでの足取りを振り返ると、相手はJ2熊本、JFLソニー仙台、J1鳥栖、J2北九州、J2千葉という顔ぶれ。決勝までにJ1チームとの対戦が1チームだけということで、J1勢の不甲斐なさが露になってしまった。

 もちろんJ1側にも言い訳はある。ヤマザキナビスコカップは若手が経験を積む場とも考えられるが、天皇杯はACL出場権を得られるビッグタイトルだ。その試合を日本代表の活動時期に行なったのは、「天皇杯軽視」の謗りを免れない。来年1月のアジアカップを考慮して特別に日程を前倒しにした結果なのだろうが、当然今季限りとすべきだろう。

 さて、このG大阪の天皇杯優勝によって、来季のACL参加チームが確定した。G大阪、浦和、鹿島は本大会グループステージから、柏はプレーオフから参加することになった。昨今ACLでの不成績が続くJリーグ勢だけに、来季こそ復権を期待したい。


世界チャンピオン登場



INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。毎回、素敵なゲストをお迎えして、アビスパ福岡情報とともにスポーツの魅力をお届けします。今週の放送は12月10日(水)20:00から「天神仕事基地」より、お送りします。

【次回放送日時】12月17日(水)20:00~
【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka1309
【配信内容】
1.オープニング
2.週末のスポーツ情報
3.スペシャルトーク
 ゲスト/古賀 友子(YuKOフィットネスボクシングジム会長)
     黒木 優子(WBC女子世界ミニフライ級王者)
4.エンディング
MC/中倉一志(オフィスイレブン)
アシスタント/植村日和(福大放送研究部)

17日のゲストは、11月に初防衛を果たした黒木優子選手(WBC女子世界ミニフライ級王者)と、黒木選手が所属するYuKOフィットネスボクシングジムの古賀友子会長のお2人。防衛戦を振り返ってもらうとともに、女子ボクシングに付いて厚く語ってもらいます。「ボクシング界のゆうこりん」と呼ばれる黒木選手と、突き抜けた性格の黒木選手を柔らかく包み込む古賀会長の軽妙なトークをお楽しみください。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
 Twitter acount @nakakurahitoshi
 FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
 inside-fukuoka@office-eleven.co.jp


高校選手権の思い出(神山 竜一)

141210_02.jpg
【中倉一志=取材・校正・写真】
第79回大会(2000年度)1回戦
第80回大会(2001年度)1回戦
第81回大会(2002年度)1回戦

◎神山竜一選手;
Q:高校選手権の思い出を聞かせてください。
「選手権には1年の時から3年連続で出させてもらったのですけれど、1年生の時に、開幕戦で市立船橋と国立競技場で対戦したことですね。あそこが、ある意味で自分のサッカー人生の始まりと言うか、プロを目指すきっかけにもなった試合だったので、1年生の時の大会が一番印象に残っています。まあ、全部1回戦負けなので、特にいい思い出はないです(笑)」

Q:国立競技場は、どんな場所でしたか?
「緊張したのもありますけれども、決勝と、開幕戦だけは1試合しかありませんから、本当に注目を浴びる場所だと思っていましたし、その場所で、自分をどれだけアピールできるかという気持ちでした。また、相手は前年度優勝校だったので、チームとして、どれだけできるかと言うのもありましたね。試合内容はボコボコにやられたんですけれども、自分にとっては、いいきっかけになったというか、これから先、もっと高いレベルでやってみたいという気持ちを得た場所だったと思います」

Q:当時高校生だった神山選手にとって、選手権とは、どんな位置づけだったのでしょう?
「当時はプリンスリーグもなく、全国で戦うという機会は、あまりありませんでした。全国大会と言えばインターハイと選手権、それと高円宮杯がありましたけれど、高円宮杯は、ほぼ、全国のトップレベルのチームしか出られませんでしたから、選手権は自分たちの力を試す絶好の機会でしたし、1年に1度、注目される場所として、どうしても出たい大会でした。立正大淞南に進学したのも選手権に出たいというのが理由でした。選手権は、高校サッカー選手が求める場所であり、唯一目指す場所だと思っていました。誰もが選手権に出るために、全国で優勝するために、日々、練習していましたね。高い壁ではありましたけれども、そういう部分を求めてやっていたのかなと思います」

Q:改めて振り返って、神山選手にとっての高校サッカーは、どんな意味があるのでしょうか?
「正直に言えば、小学校、中学校の頃はプロになれるなんて思っていませんでしたから、あの高校の時があったから、いまの自分あると思います。高校で仲間と一緒に過ごした時間や、先生に本当に厳しく指導してもらったことが、いまにつながっていると思います。寮に入って、厳しい環境の中でサッカーをしていましたが、それがなければ、いまの僕はなかったと思います。学校や、先生、仲間には、すごく感謝しています」

Q:今大会も後輩たちが選手権に出場します。どんな大会にしてほしいと思っていますか?
「ベスト4までは行っているんですけれども、いつも惜しいところでチャンスを逃して、まだ優勝したことがないので、是非、優勝してほしいですね。今でも立正大淞南高校の卒業生として胸を張れますけれども、更に僕が胸を張れるように、優勝して世間を騒がせてほしいですね。それと、悔いがない大会にしてほしいです。特に3年生は最後の大会ですから、頑張ってもらいたいです」


ブラサカ世界選手権を振り返る



INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。毎回、素敵なゲストをお迎えして、アビスパ福岡情報とともにスポーツの魅力をお届けします。今週の放送は12月10日(水)20:00から「天神仕事基地」より、お送りします。

【次回放送日時】12月10日(水)20:00~
【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka1309
【配信内容】
1.オープニング
2.週末のスポーツ情報
3.スペシャルトーク ブラサカ世界選手権
 ゲスト/藤井 潤:ブラサカ日本代表コーチ
          アビスパ福岡ホームタウン推進部コーチ
4.エンディング
MC/中倉一志(オフィスイレブン)
アシスタント/植村日和(福大放送研究部)

ご存じの通り、アビスパ福岡はブラインドサッカーを支援するJリーグ唯一のクラブ。現在は、ホームタウン推進部の藤井潤コーチが日本代表コーチとしてコーラーを務めています。そして、11月に東京(渋谷)で行われた世界選手権では、日本は歴史を刻む初勝利を挙げたばかりではなく決勝トーナメントに進出。準々決勝ではPK戦の末、惜しくも中国に敗れましたが、順位決定戦で見事6位入賞を果たしました。10日の放送では、ゲストに藤井潤コーチをお招きし、ブラインドサッカー世界選手権を振り返ってもらうとともに、ブラインドサッカーの魅力を余すことなくお伝えします。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
 Twitter acount @nakakurahitoshi
 FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
 inside-fukuoka@office-eleven.co.jp



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12