INSIDE WEB

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな戦いが始まる


【中倉一志=取材・文・写真】
9日、少し長めのミーティングを終えてピッチに顔を出した選手たちの表情は、いつも以上に明るく見える。前半を終えてプレーオフ圏内である6位。それはまだ何かを得られることを保証するものでもなく、選手たちもまた、何かを手にしたわけだもない。だが、様々な物を乗り越えて辿り着いた中間地点は、6位という順位以上に選手たちに力を与えている。「今は自信を持って戦えている」。石津大介の言葉はチーム全員の気持ちを代弁するものだ。

「今日からは新しいシーズン。必要なものは新しい頭。そして最後は質が物を言う」(マリヤン・プシュニク監督)。
その言葉を胸にしながら、選手たちは3日間のオフで休ませていた体を確かめるようにして動かしていく。ハードルを使ったフィジカルメニュー。ゆったりとしたリズムで連携を確かめていくパスワーク。そして、戦術確認と紅白戦。トレーニングの途中では、コーチ陣、選手全員をピッチ中央に集めてプシュニク監督が檄を飛ばすシーンもあったが、その光景に新しいチャレンジが始まることを改めて感じる。

そして、自分たちの現在地に手応えを感じながらも、誰も満足はしていない。
「これからの4試合は上位との対決。去年と同じような状況に陥るのか、踏ん張って上位に食い込めるかの分かれ道」(石津)
「天皇杯を終えての4試合は、ほぼ近い順位のチームとの対戦。そこが本当に重要になる」(神山竜一)

乗り越えるべき最初の山場は、天皇杯を挟んで20日から始まるリーグ後半戦の立ち上がりの4試合。大事なことは、いま6位にいることではなく、厳しい戦いを乗り越えて6位以内に入ること。それもチーム全員に共通する想いだ。昨シーズンは、夏場の上位陣との直接対決で、ことごとく星を落としたことでチームは急降下したが、まずは、ここを乗り越えなければ何も始まらない。

リーグ戦の再開までは10日余り。「我々は戦い方は変えない」。そう強く宣言するプシュニク監督の元、選手たちはチームの代名詞となったハードーワークに磨きをかけ、パスワークと連携に磨きをかけるべく、これまでと変わらない姿でボールを追う。きつくなった時に雁の巣球技場に響く山口和樹の甲高い声。最終ラインの左側で、誰よりも多く、大きな声でコーチングする阿部巧。そして、ピッチのあちこちから、仲間を呼び、指示するコーチングが起こる。そうやってチームは成長を続けてきた。

そして新たに求められるものは新戦力の台頭だ。42試合を戦うリーグ戦を固定されたメンバーだけで戦うことは難しい。しかも、ハードワークを身上とする福岡にとって、夏の暑さは最大の敵でもある。前半戦はベンチを温めてきた選手、あるいはベンチの外からチームの戦いぶりを見てきた選手たちの中からピッチー飛び出していく選手が必ず必要になる。13日に行われる天皇杯は、勝利はもちろん、そうした選手を試す機会でもある。胸に秘めていた想いを公式戦にぶつけるプレーは楽しみでもある。

つかの間の休息は終わり。さらに激しく、熱い戦いが始まる。


スポンサーサイト

もっと、もっと、上を目指して(金森 健志)

140710_03.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年7月9日(水)
場所 雁の巣球技場

◎金森健志:
Q:リーグ戦の半分が終わりました。ここまでを振り返っていただけますか?
「序盤に怪我をしてしまって、それ自体は喜ばしいことではなかったんですけれども、チームから離れいる期間にいろいろと考えることができて、いい経験になったと思っています。チームは前半戦を6位で折り返しましたけれど、去年はここから落ちていってしまったので、ここからが一番大事だと思っています。夏場をどのように戦えるかが、J1に行けるか、行けないかの分かれ目になると思っているで、これからも引き続きハードワークをして、今まで以上にやっていかないといけないと思っています」

Q:怪我がいい経験になったということですが、具体的に、どんな変化があったのでしょうか?
「サッカーに対する考え方、心構えが変わったというか、とにかく、もっとやらないといけないという気になりました。また、リハビリを経てパワーアップしてチームに戻れたことも良かったと思っています」

Q:練習を見ていると、去年と体のキレが全然違うように思います。
「去年との比較でいえば良くなっていると思いますけれども、まだまだですね。もっと、もっと上を目指してやらないといけないし、そういう意味では、まだまだ足りないと思っています。もっとトレーニングを積んで、アビスパがJ1に昇格できるように、そして、それに自分が貢献できるようにしたいですね。チームのために走って、その中で点も取って、それを実現させるためには、もっと技術面を上げていきたいと思っています。いまはオリンピックを目指していて、まずは絶対にリオに行くと思っているので、今まで以上に練習をするようになりましたし、他の人と同じことをやっていたら駄目だと思っているので、しっかりと努力を積み重ねながら、その中で結果も出していきたいです」

Q:後半戦は、どんなところがポイントになりそうですか?
「前半戦は、いい時もあり、悪い時もあっての6位でしたが、後半戦は悪い時期を減らして、アウェイであっても勝点をしっかりと取っていきたいですね。今はチームとしてひとつになれていると思いますし、個人としても、チームとしても、もっと、もっと上に行くんだという意識を持って普段からやれていると感じていますが、今以上にひとつになって戦っていきたいです。まずは夏場の試合でしっかりと走りきって、負け数を減らして確実に勝点を取っていけば、最終的に勝点が積み上げられると思うので、いまある勝ち点を全部忘れて、後半戦は1からスタートしようとも思っています。個人としても、チームとしても初心に戻って、前半戦よりも勢いを持って戦えば絶対にJ1に行けると思っています。まずはプレーオフ圏内に入れるように頑張ります」


今日からがスタート(坂田 大輔)

140710_01B.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年7月9日(水)
場所 雁の巣球技場

◎坂田大輔:
Q:リーグも前半戦が終わりました。ここまでを振り返っていただけますか? 「家庭の話ではありますけれど、現在6位圏内に入っているということは、このまま推移すればプレーオフ進出という目標を達成できるということですから、決して悪い順位ではありません。その一方で、まだ半分も残っているということで、改めて気を引き締めていかなければいけないという気持ちがあります。42試合が終わった時に、今よりも上の順位にいられるようにやっていきたいですね」

Q:順調に積み上げた6位ではなく、いろんなことがあり、それを乗り越える過程でチームが変化した結果の6位だと思います。
「そうですね。システムも、メンバーにも変化がありました。でも、そうして変わった部分もありますけれども、しっかりとボールにプレスに行くことをはじめ、チームとして根本的に目指していくサッカーは決して変わっていません。ここまでの試合を振り返れば、運もありましたけれど、そういう部分に対して、チームの全員がしっかりとした意識を高く持って取り組んできたことが、結果につながっているということだと思います。ですから、それは引き続き続けていかなければいけません。これから夏場の戦いが始まりますし、相手からも研究されてくることもあり、またいろんな問題が出てくると思いますけれども、自分たちのサッカーをすることで勝点を積み上げられると思うので、まずは、ぶれずに自分たちのサッカーを高いレベルでプレーすることが一番ですね」

Q:去年の今頃だと、最後は守るのがやっとという感じでしたが、今年は終盤に点を取って試合を決めることが多くなりました。
「去年だと、『イケイケ』で攻めて、終盤に足が止まり始めて、押し込まれる時間が多くて、最後はギリギリで凌ぐか、失点して引き分ける、あるいは失点して負けるという形でした。でも今年に関しては、最初から終盤にかけて、しっかりと守りきることもできますし、攻めるという姿勢を忘れずに、残り5分になっても意識高く攻撃することも出来ています。何が変わったのかと聞かれると、明確な言葉で説明するのは難しいんですけれど、集中力や、去年の失敗を繰り返さないということを、それぞれが強く意識していることで、そういう結果になっているのかも知れません。いずれにせよ、今年は点も取れていますし、なによりも、去年の失敗を繰り返していないことはいいことだと思います」

Q:結果として敗れた松本戦も、福岡の良さが十分に発揮されていましたし、ビハインドの中、最後まで攻め続けるという姿勢が感じられ試合でした。
「チャンスを作るという意味では、ラスト10分、15分、特に最後の5分のところで猛攻を仕掛けて多くのチャンスも作りましたし、しっかりと走ってゴール前に入ることも出来ていました。ゴールという結果に関しては、技術の問題や、相手の頑張りという面もありますが、ただ、ああやってチャンスを作ることで、勝ち試合で追加点が取れたり、負けている試合を引き分けにしたりと、いろんなことが起きるものです。この点についても、去年にはなかったものを見せられているという意味で、成長したところを見せられていると思います」

Q:ご自身のプレーについては、ここまでをどのように見ていますか?
「1ヶ月くらい怪我で外れて、この前の松本戦では自分のミスからしってんしたという部分で、正直に言って、チームに貢献しきれていないことや、フィットしていなかったりと、いろいろとありますが、残りの半分を、今日からが新しいスタートという気持ちでしっかりとやっていきたいです。まずは自分のコンディションを100%に上げていきたいです」

Q:最終的にプレーオフ圏内に入るために、後半でポイントになるところは、どんな部分でしょうか?
「間違いなく、前半戦で九州ダービーというところで勝てなかったことが、この勝点で止まっている原因だと思います。そして、下位の讃岐にも勝ち点2わおとしてしまいました。反面、上位チームとの対戦では、どのチームに対しても悪い印象を受けた試合はありません。やはり、後半戦で気になるのは、九州ダービーと讃岐戦。ここでは絶対に負けないようにしないといけません」



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。