INSIDE WEB

 

J2第24節 福岡vs.湘南 プレビュー

【中倉一志=取材・文・写真】
圧倒的な強さを見せる湘南
「攻撃こそ最大の防御」。湘南ベルマーレを語る時、この言葉が良く似合う。どんな時でも前に向かってプレー。さらには、ボールホルダーの後ろからも、まるで湧き出てくるかのように選手が前線へと飛び出していく。常時7人が相手陣内に入り、チャンスと見るや、3バックの両側に構える遠藤航、三竿雄斗までもが攻撃参加。8~9人で攻めることも珍しくない。湘南以外でも、福岡、長崎、松本、岡山等々、走力をベースにアグレッシブに戦うチームは存在するが、湘南の右に出るチームはない。

その湘南が最も強さを発揮するのが、自分たちがボールを失った時だ。多くのチームは、素早く攻守を切り替えて守備陣形を整えるが、湘南の場合は、その場所で、攻撃時のアグレッシブさを上回る強さと速さでプレスバック。再び奪い返して第2次、第3次攻撃を仕掛ける。常に前がかりのチームスタイルは、最終ライン中央の丸山祐市の両側、そして後方に大きなスペースが存在するのだが、相手の攻撃の始まりの部分を抑え切ってしまうことでカバーしている。相手にやらせない。それが湘南の守備の基本だ。

そして何より、曺 貴裁監督の下で3年目、アシスタントコーチ時代から数えれば6年間をかけて作ってきたチームの成熟度が、ここまで53得点、10失点、22勝1敗という圧倒的な強さで首位を走る最大の原動力になっている。大槻周平、永木亮太ら中心選手が怪我のために長期離脱を余儀なくされてもチーム力に衰えが見られないのは、所属する選手全員の戦術理解度が高いことの証だ。その上で、J1昇格はもちろん、クラブ史上最強のチームになることを目指して、ひたすら走り続けている。

140720_syonan.png
 第23節富山(3-4-2-1)
140726_syonan.png
 第22節熊本(3-4-2-1)
福岡の勝機はあるか
他の追随を許さない湘南との対戦では押し込まれる時間帯が多くなるのはやむを得ないこと。ある程度割り切って守る時間帯は必要だろう。また、湘南が最も得意とするのは奪ってからの速い攻撃で、ボールを保持しながらパスワークで崩すイメージはあまりない。ある程度ボールを持たせても不用意に飛び込まなければ、それほど危険なシーンを作られることは多くないと思われる。ボールキープ率に拘わらず、どちらのペースとも言えない膠着状態に持ち込めば、それは福岡のペース。前半0-0もありだろう。

また、あらゆる場面で中途半端なプレーで終わらないことが肝要だ。多少無理であってもシュートで終わること。ロングボールは目的を明確に持って大きく蹴り出すこと。プレッシャーのかかった状態から無理に縦につなごうとしないこと。そうすることで自分たちの攻撃が停滞することになっても、そこは割り切る必要がある。鋭いカウンターを最も得意とする湘南にとっては、中途半端なプレーは格好の餌食になるからだ。同時に、膠着状態は湘南にとっても望むものではない。

勝負所は、こちらがボールを奪った瞬間。湘南にしてみれば2次攻撃の最大の起点になるが、ここで湘南のプレスをはがせれば攻撃のスペースはいくらでもある。プレスバックしてくる相手との勝負に負けないことはもちろん、奪った瞬間に2人目、3人目が湘南よりも早く動き出せるかどうかが勝負の鍵を握っている。前述の通り、ここでの攻防は湘南が最も強みとするところだが、強い相手のウイークポイントは、ストロングポイントのすぐそばにあるもの。あえて、そこで勝負を挑むことで勝機が見えてくる。

福岡はチャレンジャー
そして、自分たちはチャレンジャーであることを忘れてはならない。それは対湘南という意味だけではなく、どのチームに対してもチャレンジャーであるということだ。「勝った者が強い」という勝負の世界の鉄則からすれば福岡はJ2で14番目のチーム。失う物はそもそも持っていない。また上手くいかないことも多く、特に強豪チームとの対戦では、押し込まれることも多くなるだろう。だが、どんなシチュエーションになっても前へ出続けるという姿勢を忘れてはいけない。

リードしたら、それを守るのではなく勝利を奪いに行くこと。リードされても下を向かずに奪い返しに行くこと。きれいなサッカーができないことは多い。しかし、不格好であっても前へ進むのだという強い姿勢を90分間にわたって示し続けること。それが最終的に勝利を手繰り寄せる力になる。そして、サッカーでは時として勝負を決することもある「運」も味方につけることができる。ホームでの戦いはチームを後押しする力強いサポーターがいる。その力も借りて、自分たちが持っているもの全てを発揮する試合にしてほしい。


いま出せるものを全て出す(神山 竜一)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年7月29日(火)
場所 雁の巣球技場

◎神山竜一選手;
Q:結果を引きずらずに戦うことが大事と仰っていました。3連敗のあとの湘南戦は どのように捉えていらっしゃいますか?
「先に点を取れているというのは3連敗の中でも好材料なんですけれども、やはり、終盤に運動量が落ちて失点が重なっているので、そこは自分たちでどうにかしなければいけない部分ですね。終盤に疲れているというのは、前半と後半の最初のところで疲労が増すような戦い方をしているからだと思うので、もう少し上手く時間を使って戦えるかどうか、そこをやっていかなければいけないと思っています」

Q:3連敗中ではありますけれども、全部が全部悪かったわけではないと思います。
「そうですね。京都戦に関しても前半は良かったと思います。後半、相手が出てきたこともあって、つなげなくなってロングボールばかりになってしまったという部分もあったんですけれども、それは自分たちが中で割り切ってやっていました。点が取れる雰囲気もなかったので、最悪1-0のまま踏ん張れれば良かったのかなという部分ではありましたね。でも失点したことによって、すぐに2点目を失ったというのはチームとして問題でした。あれこそ本当にメンタルの問題だと思います。あそこで1点を取られたからと言っても、まだ同点だし、振り出しに戻ったと思えば、全然やれる部分だと思います。そこはやはり自分たちで解決しなければいけないし、特に試合に出ている選手はメンタルの部分で耐えなきゃいけないところです。失点したからと言って下を向くのではなく、次は自分たちが攻撃的に行けばいい話です。そういう部分は改善しなければいけない部分だと思います」

Q:湘南戦と言うところで言えば、どんなところに注意したいですか?
「湘南は運動量が豊富で、後ろの選手が前の選手をどんどん追い越してくるチームで、今は研究されているのでセットプレーから点を取りに来るという印象があります。本当に思いきったプレーヤーが多いし、勢いがあるチームです。けれど次はホームでの戦いですし、自分たちはそれを待つのではなくて、自分たちから仕掛けて、向こうに思うようなプレーさせないようにしなければいけないと思います。自分たちがいま出せるものを全部出せないと勝てないと思うので、そこに関しては、しっかりとやりたいですね」

Q:リスクを考えていないのではないかと思うくらい思いきって出てくるチームですよね。
「だからこそ、そこを突けたらいいと思いますね。3バックの両サイドも上がってくるので、そこでボールを奪ってカウンターを仕掛けるというのは、しっかりと狙っていきたい部分ですね。とにかく、しっかりと戦いたいです」


答はいつもピッチの上にある



【中倉一志=取材・文・写真】

夏場の強豪チームとの連戦を今シーズンを左右する山場として迎えた福岡。結果は現在のところ3連敗。「去年と同じではないか」。そんな声も聞こえてくる。確かに結果だけを見れば、その通り。選手たちも、それはしっかりと受け止めているだろう。だが、内容は確実に変わっている。



第21節の松本戦は、まさに紙一重の戦い。結果としては敗れたが試合内容で上回っていたのは福岡。ラスト5分では猛攻を仕掛け、決まってもおかしくないシュートを4本も浴びせた。だが、ポストと相手GKのスーパーセーブに阻まれた。これもサッカーという試合だった。

第22節の岡山戦は、前半は岡山の試合、後半は福岡の試合。そして続く京都戦は、前半は福岡の試合、後半は京都の試合。いずれも勝機はあり、どこかで、何かが変わっていれば福岡が勝利する可能性も十分にあった試合だった。



また、走ることが求められるサッカーでは、夏場の戦いは厳しいのではないかとの指摘もあるが、ここまでの3試合を見る限り、相手との比較で言えば決して走れていないわけではない。松本戦の終盤は走力、運動量で上回ったのは福岡。岡山戦では、双方が力を尽くして走った結果、互いにヘロヘロになっていた。また京都戦の逆転されたシーンだけを切り取れば足が止まっていたが、1点を追いかける状況になってからは福岡は再び走り出している。決して走れなくなったことが敗因ではない。



それでも、敗れたという事実は「何か」が足りないことを示している。この3試合に限って言えば、勝敗を決する勝負所で後手を踏んだ印象は強い。トータルとしては走り負けていないのだが、勝負所で走る相手に対し、勝負所で足が止まり、単純なミスを犯したのが福岡。その違いが3連敗という結果に結びついた。その原因はひとつではない。試合運び、メンタル面の問題、技術面の問題、戦術理解度の問題、様々な物が重なって生まれたものだ。



4連勝の後の3連敗。結果は対照的だが、福岡が披露しているサッカーの内容に変わりはない。4連勝中も同じようなことは試合の中で起きていた。ただ、この3試合では福岡が見せた隙を相手チームが見逃さなかったということ。そこが上位につけているチームと、いま現在の福岡の力との差。それが4連勝と3連敗という結果につながった。メンバーの3分の1が変わったチームでは、昨年と比較することにはあまり意味を感じないが、単純な比較なら、勝利には確実に近付いている。だが、それを結果に結びつけるだけの力は、まだ足りない。



下を向く必要はない。けれど、出来ないことを正面から見つめる必要はある。足りないものが何かを見つける必要がある。そして、答えはいつもピッチの上にある。上手く進めない時、思うような結果を手に入れられない時、戻るべき場所はピッチの上だ。前半戦の福岡は、その繰り返しの中から自らを成長させてきた。そして後半戦もやることは変わらない。



さて、京都戦から中3日で迎える湘南戦。悔しい結果に終わった3試合のピッチの上から、そして雁の巣球技場のピッチの上から、福岡は何を学んだのだろうか。そして、何を見つけられたのだろうか。その答えをレベルファイブスタジアムのピッチの上で表現してくれることを期待している。




J2第22節 福岡vs.岡山 プレビュー


【中倉一志=取材・文・写真】
2014Jリーグ ディビジョン2 第22節
対戦: アビスパ福岡vsファジアーノ岡山
日時: 7月20日(日)18:00キックオフ
会場: レベルファイブスタジアム

負けない岡山
決して強いという印象はない。しかし、とにかく負けない。そのスタイルは、就任5年目を迎える景山監督が時間をかけて作ってきたものだ。現在のスタイルが定着したのは2年間の基礎固めを経て迎えた2012シーズン。リーグ2番目に当たる14引き分けを記録して17勝14分11敗で8位。プレーオフ制度の導入もあり、J1昇格が現実的な目標として捉えられることを示した。昨シーズンはリーグ最多の17引き分けを記録。シーズン終盤に3連敗を喫して12位に終わったが、やはり、終盤までプレーオフ進出の可能性を残した。

そして、今シーズンも、ここまでリーグトップの9引き分けを記録して8勝9分4敗の4位。13戦負けなしを続けている。「勝ち切れない」という評価は当たらない。リーグ戦は勝敗を争うのではなく勝点を争う戦い。得点力不足(J2で15位)を守備力でカバーして総合成績で上位につける戦い方は地味な印象を与えるが、それが上位進出を果たすためのひとつの方法であることを、岡山は自らの手で示している。また、昨年同期比では引き分けが3つ減って勝ち星が2つ増加。チームは確実に進化を遂げている。

福岡と同様に、戦い方のベースにあるのは運動量とハードワーク。相手ボール時には素早く帰陣して両WBを加えて5バック気味に守るが、決して引きこもっているチームではなく、機を見て高い位置からのプレッシングも仕掛ける。また、攻撃面でもロングボールだけに頼るのではなく、全員が連動して前へボールを運ぶのも岡山の特長のひとつだ。誤解を恐れずに言えば、決して強烈な印象を残すチームではない。しかし、非常に厄介なチームであることは間違いない。

140628_okayama.png
 第20節vs京都戦
140705_okayama.png
 第21節vs讃岐戦
アグレッシブ それが福岡モデル
一方、福岡はアグレッシブに仕掛けることをチームモデルとして、ここまで戦ってきた。全ての始まりは高い位置からのプレッシングで始まる守備。それは同時に攻撃のスタートでもある。まるで狩りをしているかのようにボールホルダーに襲い掛かり、奪ったボールを素早く前へ運んでシンプルにゴールを目指す。不用意なロングボールは使わず、テンポ良くグラウンダーのパスを回してサイドへ展開。ニアサイドに送る速くて低いクロスボールに前線の選手が飛び込んでいく。

シーズン序盤戦は攻守のバランスが取れずに勝てない時期も過ごしたが、転機になったのは第12節の岡山戦。今シーズン初めて3バックで戦った福岡は攻守のバランスが安定。高い位置からのプレスと、奪ってからの素早い攻撃という目指す形からチャンスを作った。結果はドローに終わったが、自分たちが目指すモデルに手応えを感じることができた試合でもあった。その後、第17節の千葉戦から4連勝。前へ出ることで相手の攻撃を防ぎ、それが自分たちの攻撃に直結する戦い方は福岡の代名詞になっている。

そんな両チームの対戦は、粘り強く守る岡山と、アグレッシブに仕掛け続ける福岡という構図になることは間違いない。ただし、互いの順位を考えれば、アウェイでの引き分けは岡山にとっては悪くない結果。しかし、福岡が6位以内を確保するためには上位陣に勝って差を詰める必要があり、福岡にとっては勝点3が必要な試合。自分たちのリズムで試合を進めるためには、早い時間帯での先制点が欲しいところ。豊富な攻撃陣の駒を、どのように使うのか。マリヤン・プシュニク監督のチョイスに注目したい。

注目選手は中原秀人
さて、岡山戦で注目したいのは、いまや中盤の要として欠かせない存在となった中原秀人。本人は、岡山戦を迎えるにあたって次のように話している。
「もっと、自分が攻撃に参加する回数を増やして、相手の脅威となる存在になりたい」
今シーズンを迎えるにあたって、中原が目指したものは昨シーズンの積み重ねの上に、本来、自身が持っている攻撃的な特長を活かすということ。その意識は試合を重ねるごとに高まっている。

福岡の攻撃陣はJ2でもトップクラスの質と量を誇るが、それでも堅守を誇る岡山は一筋縄ではいかない。ゴールを奪うためにはペナルティエリア付近でのアイデアや工夫が求められており、併せて、分厚い攻撃を仕掛けることが必要で、そのためには、中原が高い位置へ出ていけるかどうかは重要な要素。中盤の守備、ゲームの組み立てという点で重要な役割を担うのはもちろんだが、これまで積み重ねてきたものを、どこまで発揮できるのか。それが勝負の分かれ目になりそうだ。


今だからこそJリーグを考える

140719_02.jpg
【中倉一志=取材・文・写真】
最近、Jリーグの原点を改めて考える機会が多い。
Jリーグに所属するクラブがプロサッカークラブである以上、より高い技術、戦術を用い、スポーツエンターテイメントとして、より質の高いものを提供する努力をしなければいけないことは当たり前のことであり、そこに関わる私たちが、チームがより強くなることを望み、勝利という結果を強く求めることは当然のことだ。また、スポーツは夢と感動を与えると言われるが、それは勝利を求めてあらゆる努力を重ね、より高い場所を目指し、すべての力を注いで戦う結果として生まれてくるもの。その姿勢を無くしたスポーツが夢と感動を呼ぶわけはない。

一方、町にサッカー(スポーツ)があれば、プレーする機会も増えていく。そして、観るだけではなく、プレーすることでも我々は様々な物を手に入れることができる。競技者としてプレーする者、趣味の一環としてプレーする者を問わず、技術の向上は人々に達成感を与えてくれる。仲間と一緒に汗を流すのは、この上なく心地よく、体を動かすことの楽しさに加え、プレーを通して生まれる責任感、連帯感、信頼感も教えてくれる。そして何より、年齢差、性別、社会的な地位等々、日常生活の中にある目に見えない壁を簡単に取り去り、あらゆる人たちの心をひとつにしてくれる。

もちろん、プレーすることだけがすべてではない。サッカーに関わることで新たな人たちと出会い、意見を交わし合う機会も増えていく。サッカーというスポーツには正解がないと言われるように「なんでもあり」がサッカーの魅力のひとつ。そこでは様々な意見が飛び交う。誰が正しいわけでも、誰が間違っているわけでもない。ひとつの意見が、違う意見を呼び、そしてまた新たな意見が生まれる。あっという間に過ぎ去る時間。けれど、話が尽きることはない。

そして、そこでは新たなコミュニケーションの場所が生まれる。集まってくるのは、学校に通い始めたばかりの子どもから、既に会社をリタイヤした人まで実に幅広いが、誰もそんなことは気にしない。必要なものは年齢でも、名前でも、地位でもない。お互いが1人の人間として認め合い、リスペクトしあう。その中で、子どもは大人になっていき、大人は子どもを、仲間を愛おしむ心を養なっていく。そしてサッカーは、サッカーがなかったら出会うことさえなかったであろう人たちの心をひとつにしていく。

また、地域の文化や風習を色濃く映し出すサッカーは、単なるスポーツの枠を超えた存在でもある。この町で生まれ、この町で育った人たちにとって、この町のサッカークラブは、自分たちの生まれ故郷そのもの。その名を叫び、そのチームを応援することで、自分が生まれた町、そして育った町を強く意識する。もはや、町のサッカークラブは応援するだけのものではなく自分自身だ。そして、クラブや、サッカーを通して知り合った仲間たちから勇気をもらい、支え合い、それは生きる力にさえなっていく。

それらはスポーツが本来持っている力。けれど、スポーツが体育という名に置き換えられ、軍事教練の一環として学校教育を通して広く国民に伝えられた日本では、いつの間にかスポーツは運動能力が高い限られた人だけのものになり、そして、苦しく厳しい鍛錬に耐え忍ぶことこそが素晴らしいとされてきた。その日本におけるスポーツを本来の姿に戻し、そして広く地域住民のものとして取り戻そう。それがJリーグが生まれることになった原点。それがJリーグの言う「スポーツ文化の振興」だ。

そして、私たちの町にはJリーグがある。掲げる2本の柱は「サッカーの国際競技力の向上」と「スポーツ文化の振興」。それを両輪にして活動していくことを理念としている。その存在はサッカーに関わる人たちだけではなく、この町を元気で幸せな町にする力をも持っている。そのクラブが自分の町にある喜びと、それを担う誇りと責任とは何か。アビスパ福岡が、この町に生まれて20年を迎える今年だからこそ、改めて原点を見つめる必要を感じている。



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07