INSIDE WEB

 

J2第16節 札幌vs.福岡プレビュー


【中倉一志=取材・文・写真】
2014Jリーグ ディビジョン2 第16節
対戦: コンサドーレ札幌vsアビスパ福岡
日時: 5月31日(土)
会場: 厚別公園競技場

勢いを取り戻した札幌
前節で水戸を4-0で破って7試合ぶりの勝利を手にした札幌は、その勢いのままに福岡戦を迎える。現在は5勝4分6敗の勝点19。得失点差で福岡を上回って13位に付けている。しかし、各ラインに能力の高い選手をそろえるチームにとって、今の順位は不本意と言えるものだろう。安定感を感じさせる守備はここまで14失点でリーグ6位。反面、15得点はリーグ13位で、それが13位に甘んじている要因だが、前節の水戸戦では様々な形から4得点を挙げており、本来の力が発揮されつつあると見た方がいいだろう。

布陣は4-2-3-1。ボランチの上里一将が前後左右にボールを配ることで攻撃のスイッチが入る。攻撃の起点を作るのは左SBの上原慎也。トップの位置では長身の都倉賢がターゲットになり、2列目の石井謙伍、前田俊介、宮澤裕樹がゴール中央へと走り込んでくる。最も注意をしなければならないのは前田。高い技術とセンスを持ち、2列目から飛び出すだけではなく、ボールを納める役割も、ラストパスを出す能力も併せ持つ。いわゆるオールマイティな選手で、時間とスペースを与えれば何でもやってくる。

守備は、最終ラインと中盤が4人ずつのフラットなラインを2列形成して相手に備える。しかし、ブロックを作って待ち構えているわけではない。整備された2つのラインからボールホルダーにプレスをかけ、ボールを奪ってから素早く攻撃に転ずる。そして、最終ラインを統率するのは2年目のパウロン。高さに加え、1対1の強さと拾い守備範囲を持つCBで、両脇に控える若いディフェンダーをサポートしながらゴールを守る。

0518_sappora.png
 第14節千葉戦(4-2-3-1)
0524_sapporo.png
 第15節水戸戦(4-2-3-1)
正念場の戦いを迎える福岡
福岡にとっては正念場の戦いになる。湘南戦以降、山形、札幌、千葉、東京V、水戸、栃木、松本と続く前半戦で、しっかりと勝点を積み重ねることが、プレーオフ進出に向けての大混戦リーグに生き残るための最低条件。昨シーズンは同じようなシチュエーションで連敗を続け下位グループに飲み込まれてしまったが、昨シーズンの二の舞を演じるわけにはいかない。まずは連敗を止めることが最優先だが、アウェイであっても勝点3が必要な試合でもある。

最大の問題は、坂田大輔、城後寿の不在を、どのようにカバーするかということ。札幌戦に向けてのトレーニングでは、紅白戦も含めてレギュラー組を固定せず、人を代え、ポジションを変えて行ってきたが、マリヤン・プシュニク監督は、最後まで誰が先発に名を連ねるのかを明確にはしなかった。誰が出るにせよ、2人が担ってきた仕事の代わりができる選手はおらず、全員のハードワークでカバーするという意思表示だったのだろう。交代選手も含めれば、これまで出場機会のない若手にも出番が回ってきそうだ。

その中で期待が高まっているのが金森健志の存在。右第5中足骨々折により、4月13日に行われたV・ファーレン長崎戦から戦列を離れていたが、27日の練習からフルメニューに参加。連日、怪我の影響を全く感じさせないキレのあるプレーを披露している。「影響は全くない。札幌戦も十分に行ける」とは本人の弁。復帰すれば48日振りでゲーム体力に不安も残るが、おそらく、ピッチに立つことは濃厚。はてした先発で使うのか、それとも途中からの出場で流れを変えるのか。プシュニク監督の決断に注目が集まる。

ハードワークを見せられるか
併せて、1試合を通して自分たちのリズムで戦うことができないという課題を抱える福岡にとって、非常に厳しい戦いであることは間違いない。しかし、1シーズンを通して同じメンバーで戦えることはあり得ず、いつかは2人が試合に出られないことがあるのはシーズン前から分かっていたこと。チームにとって手痛い事態であることは確かだが、だからと言って何もできないようであれば、いずれにせよ、厳しいサバイバルゲームに生き残ることは不可能だ。

福岡の戦いを支えていた欠かせない選手である2人が抜けることで、いわゆる「福岡らしい」戦いは表現できないかもしれない。しかし、誰がピッチの上に立とうとも、ハードワークは出来るはず。そして、それは福岡らしさの原点でもある。正念場の試合で自分たちの原点を表現できるかどうか。そういう意味では、札幌戦は真価が問われる試合でもある。山形戦のような臆病な戦いではなく、勝利への気持ちがあふれる試合を演じてくれることを期待したい。


J2第14節 湘南vs.福岡レポート

140520_2353 J2第14節 湘南vs.福岡レポート 140519_05.jpg
【中倉一志=取材・文・写真】
アビスパ福岡は18日、アウェイ・Shonan BMWスタジアム平塚で13連勝中の湘南ベルマーレと対戦。福岡は湘南に圧倒された前半を無失点でしのぎ、後半は積極的にプレスを仕掛け、奪ってから素早くラインの裏を狙うサッカーで対抗してチャンスを作ったが、終了間際の86分に失点。さらな攻め上がった裏を取られてアディショナルタイムにも失点を喫して0-2で敗れた。福岡は次節(5月24日)、ホーム・レベルファイブスタジアムでモンテディオ山形と対戦する。

見せつけられた湘南の強さ
この日、湘南とマッチアップする3-4-3の布陣で臨んだ福岡の狙いは、少しラインを下げた体制から、要所で相手にプレッシングをかけ、奪ったボールを素早く背後に送り込んでカウンターを仕掛けるというものだった。開幕13連勝中の湘南の実力を認めながらも、決してひるまずに自分たちの戦い方で対抗する。それが福岡の勝利への方程式。湘南の連勝を止めるというモチベーションは高かった。しかし、それを上回る気迫で臨んできたのが湘南。13連勝中のチームは、当たり前に強かった。

豊富な運動量とスピード、そして1対1の強さを武器に徹底した攻撃サッカーを仕掛けるのが湘南。その特長を立ち上がりからフルに発揮して福岡を圧倒する。最初の決定機は5分。さらに6分、9分、10分と決定機を作り出す。マイボールの時は相手陣内に7人が入るのが基本。そこへ、最終ラインの左に構える三竿雄斗がオーバーラップを仕掛けていく。場合によっては自陣に残るのはCBの丸山祐市1人の時もある。ボールを失っても後ろ向きにはプレーしない。素早くプレスバックして、相手陣内の高い位置でボールホルダーを2人、3人で囲い込み、前へ運ぶ隙を与えない。

完全にマッチアップした布陣は目の前の相手との1対1の勝負になるはずなのだが、湘南はボールホルダーの後ろから湧き出てくるように選手がオーバーラップしてくるため、マークの的が絞れない。それが顕著だったのが福岡の右サイド。WBの位置で構える城後のマークは対面の菊池大介だが、その後ろから三竿が駆け上がってくるために、常に1対2での対応を強いられた。湘南が数ある決定機を決めきれなかったこと、そして福岡の最終ラインが粘りを見せたことで、結果として前半を0-0で折り返したが、ただ、ただ、湘南の強さが際立った前半だった。

0518_fukuoka.png
 福岡(3-4-3)
0518_shonan.png
 湘南(3-4-3)
残り4分で力尽きる
それでも、どんな形であれ前半を無失点で切り抜けたことで、福岡に反撃のチャンスが巡ってくる。立ち上がりからフルパワーで戦っていた湘南の運動量に、やや陰りが見えたことで、福岡の狙いとするサッカーが機能しだした。主導権は相変わらず湘南。しかし、粘り強く守り、ここぞというところでプレッシャーをかけ、相手の背後にボールを送って縦に駆け上がるシーンが増えていく。それこそが、この日、福岡が表現したかったサッカー。チームに活気がみなぎってくる。

ボールの支配率は湘南。チャンスの数も湘南。しかし、それは試合前から想定していたこと。狙い通りに戦えていたのは福岡だった。時間の経過とともに中盤が間延びし、互いのゴール前を行ったり、来たりする展開が続く。どちらがカウンター合戦を制するのか。勝負のポイントはそこにあるかに思われた。だが86分、ペナルティエリアにこぼれたボールを途中出場の吉濱遼平に決められて失点。さらに90+1分に、1点を追って総攻撃を仕掛けた裏を取られて、再び吉濱に決められて0-2。これで勝負は決した。

ギリギリの時間帯まで、どちらに転ぶか分からない試合ではあった。だが、トータルで見れば、90分間自分たちのサッカーを表現し続けたのは湘南。福岡が狙いとするサッカーを表現できたのは後半の45分だけ。サッカーの質、チャンスの数も、圧倒的に湘南の方が上だった。勝てる可能性があった試合であったことは間違いないが、その一方で、両者の間にある実力の差も感じられた試合。そういう意味では、0-2の敗戦は妥当な結果と言えるものだった。

勝負を分けたのは「質」の差
勝敗を分けたのはサッカーの質と言うしかない。互いのサッカーの大前提になる『走る』という点で優ったのは間違いなく湘南。試合の入り方という面で、チャレンジャーであるはずの福岡が受けに回ってしまったのもチームとしての質の差。残り4分となったところで吉濱をフリーにしてしまったのも、先に力尽きてしまった証拠だ。そして、選手層の差。1点勝負になっていた時間帯に湘南がFW吉濱を投入してきたが、石津を下げる選択をした福岡のベンチにはFW登録の選手はいなかった。

そして何より、チームとして積み上げてきたものの差が大きかった。自分たちのプレーに対して微塵の迷いも感じさせずに、リスクを背負って前へ攻め続けた湘南に対し、ここまで自分たちのサッカーを表現しきれていないのが福岡。その差が、様々な局面に影響していたのは間違いない。そして、自分たちのサッカーを突き抜けるまで追求してきた湘南の姿は、いまの福岡が何をしなければいけないのかを示しているようにも見えた。


小さなところが勝負を分ける(武田英二郎)

140519_03.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年5月19日(月)
場所 雁の巣球技場

◎武田英二郎選手;
Q:最後はどちらにもチャンスがある内容でしたが、どんな印象を持っていますか?
「序盤は相手の勢いに若干飲まれたいうか、押し込まれてしまったんですけれども、前半を0でいけたので、後半は五分五分だなと思っていましたし、うちがカウンターから点を取れれば勝てる試合だったと思います。ピンチも多かったんですけれども、その分、チャンスもありました。もちろん、相手の方がいいゲームはしていたと思いますけれども、そういう中でも勝つチャンスはあった試合だったと思います」

Q:後半はプレッシャーをかけて、ボールを奪ってから素早く裏へという狙い通りの戦いができていたように思います。
「ベルマーレが前がかりになるのは分かっていたので、それがひとつの狙いでもありました。そういうチャンスをしっかり決めて勝ちたかったんですけれど・・・。でも、結局、0-2という結果がすべてというか、いくら善戦したと言っても、こちらは勝点0だし、あっちは14連勝ですし、はい」

Q:2点目はともかく、あの1点が悔やまれるというか・・・
「1点目も・・・。でも、湘南には、それまでの蓄積もあったと思いますし、結局、0-2というのが現実だと思います。たまたま入った時間が最後だっただけかも知れませんし。でも、相手は本当にいいチームでしたけれど、勝てないこともないとも思いました」

Q:そういう試合で敗れてしまった要因を探るとすれば、どんなところにあったと思いますか?
「湘南の方が、最後は攻撃にかける人数が多かった感じがありました。みんなが信じてゴールに入っていく感じとかは、相手の方が少し上手だったかなと思います。事前に映像を見た時に速いと感じていたので、自分は事前のイメージと、実際のイメージの差はあまり感じませんでしたけれど、でも、いいチームだなと思いました」

Q:リーグ戦の3分の1を終えて、調度5割の成績です。これについては、どのようにとらえていますか?
「うちのメンバーの個の質を考えれば、もっと勝ててもいいと思うし、もっと勝点があってもいいと思います。全然満足はしていません。かと言って、上位に離されているわけでもないので、全然、チャンスはあると思っています。『最低限プレーオフ』というところを目指してやっていきたいですね」

Q:これからも厄介なチームとの対戦が続きます。
「そうですね。でも結局、試合が始まってしまえば、下位とか、上位とか、同じ順位とか、あまり関係ないと思いますし、実力差があまりないからこそ、同じような所にいるのだと思います。そういう混戦の中では、本当に小さなところが勝負を分けると思うので、細かな所へのこだわりとか、1対1での勝負とか、そういう所を突き詰めてプレーすれば、運というものも付いてくるのかなと思います。現状では、自分たちが勝った相手に負けたり、相手が圧勝したチームに、うちが負けたり、いろいろとあると思うので、一概にどちらが強いともいえないと状態です。正直、順位表が示すように、どのチームも混戦だと思うので、勝ってチーム力を上げて、確実に自分たちの方が良いチームと言えるようにしていけば、絶対にJ1は見えてくると思います」


切り替えるしかない(石津大介選手)

140520_2350 切り替えるしかない(石津大介選手) 140520_02.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年5月19日(月)
場所 雁の巣球技場

◎石津大介選手;
Q:紙一重の勝負まで持ちこめたと思いますが、試合を振り返って、どのように感じていますか?
「前半はチャンスらしいチャンスはなかったですし、自分も全然ボールに触れず、そして、すごいピンチもあったんですけれども、ディフェンスの人たちが頑張って、なんとか0に抑えてくれていたので、プラン通りではなかったにせよ、『前半0-0』という結果は想定内でした。後半は向こうも少し疲れてきて、スペースが生まれてきていたので、少しずつボールに触れるようになって、チャンスも作れるようになってというところだったんですけれども・・・。後ろの人たちが、あれだけ頑張っていくれたので、それに応えたかったです。それが結果につながらず、後ろの人たちには申し訳なかったです」

Q:実際に対戦して湘南は、どんな印象でしたか?
「予想以上に勢いがありました。最初はその勢いに飲み込まれてしまって、立ち上がりの10分くらいは、ずっと攻め込まれていて、自分は全くボールに触れないというところでした。浮足立ったというわけではないんですけれども、あれだけ勢いを持って入られたら、ちょっと難しかったですし、それに圧倒されてしまいました。やはり、自分たちも、あれくらい圧力をかけないといけないのかなと思います」

Q:あれだけ徹底されていると、それはそれでサッカーとして成立するものだなと感じました。
「本当にそうですね。やることが徹底されての、あの形なんだと思います。映像で見るのと、やるのとでは随分と違いました。映像で見るだけなら、ここにスペースが空いているなとか、なんであそこに蹴らないんだろうというのがありましたけれど、いざやってみると、あれだけ押し込まれてしまっては、前でもプレスが掛からないというのを実感しました」

Q:具体的に、どこに差を感じましたか?
「単純に『走る』という力にすごく差がありました。それに、いい形でボールを奪った時に、後ろから、どんどん選手が湧き出てくるので、ちょっと的が絞りづらいということをDF陣は話していました。目の前の相手に対して、それぞれが1対1で対応しようとしても、後ろからも選手が湧き出てくるので、対面の人だけを見ていればいいというわけにはいかず、そこでズレが生じて崩されるというシーンが多々あったと思います。何しろ、最終ラインの両側の選手まで前に出てきていましたから。それでも、あのすごい、勢いのある攻撃を、いい形で奪ってカウンター気味になった時には、何本かチャンスにつなげることができたので、その回数を多くしていけば、得点のチャンスは増えるのではないかと思います。実際には、あれだけ勢いを持って来られて、ずっと攻め続けられていたら、ラインは下げざるを得ないと思いますし、それを跳ね返すのは難しいことだとは思いますが、なんとか自分たちが前線でタメを作って、DFラインを押し上げられるようにすれは良かったのかなと思います。次に対戦するときは、そういうところを意識しながらやらないといけません」

Q:敗戦は残念な結果でしたが、これからも大事な試合が続きます。
「そうですね。もう湘南戦の結果は切り替えるしかありません。ここからの4~5試合は、上に喰らい付いていけるか、離されてしまうかという意味では大事なところです。相手がどこであろうと、自分たちの『らしさ』を出せれば結果は付いてくるという自信はありますし、攻守にわたってアグレッシブに戦うという姿勢はぶらしてはいけないし、それをやり続けなければいけないので、そこは根気強くやっていきたいですね。結果が出る、出ないは、時の運ということもありますが、自分たちは結果が出ることを信じて戦うだけです」


ホームゲームはいつも大事な試合(プシュニク監督)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の共同囲み会見
日時 2014年5月9日(金)
場所 雁の巣球技場

◎マリヤン・プシュニク監督;
Q:復調のきっかけを掴んだ直後の富山戦は非常に重要な意味を持つ試合だと思います。監督は、どのように位置づけていらっしゃいますか?
「当たり前ですけれども、ホームゲームはいつも大切な試合です。しかも、ホームゲームで勝てない試合が続いているので、いつも以上に重要な試合だと位置づけています。勝てなかったことに関しては、いろいろな理由があります。北九州戦では悪いプレーに終始してしまいました。大分戦はレフェリーのジャッジがすべてを変えてしまいました。でも、だからと言って、それが勝てなかった原因ではありません。シュート数も少なかったし、クロスやセットプレーの質も、まだまだ低いと言わざるを得ません。
私は少し残念に思っています。私が来てから15か月が経ったのに、まだ対戦相手の勝点がいくつなのか、順位がどうなのか、どういったチームと戦うのかということを知らない選手がいます。試合の分析をし、どのように戦わなければいけないのかという準備もしていますが、それに従わない選手がいます。ただ単にクラブハウスに来て、練習をして、そして帰るということがプロの仕事ではありません。もっと、もっとやらなければいけないことがあります。向上したいという強い気持ちや、サッカーに対する強い関心を持ち、トレーニングはチャンスであるという気持ちで毎日のトレーニングに臨まなければ、向上することはできません。本当のプロ意識が大切だということです」

Q:まだ物足りない部分があることは分かりますが、その一方で、80分以降のゴールが6得点あります。それは粘り強く、やるべきことを続けているから生まれた結果ではないかと思いますが、いかがですか?
「少しずつですけれども、トレーニングでやっていることが出てきているということだと思います。同時に、我々にパワーがついてきたことで最後まで走れるようになった証拠でもあります。また、選手の表情を見ればいろんなことが分かるものですが、岡山戦の後は、みんながっかりしていました。非常によく走り、いろいろなことにトライをし、いくつものチャンスも作りました。それなのに勝てなかったことに対して悔しがっている様子が見て取れました。それは、いい傾向だと私は捉えています。そこも我々が向上した部分だと言えると思います。
でも、まだまだミスが多いですし、チームの決まり事を徹底できていない部分がありますから、そこは、引き続き徹底していかなければなりません。変えなければいけない部分であっても、それを実際に変えるには時間がかかるものですが、それでも、小さなところからコツコツと積み重ねていく必要があります。チームの規律というものは、クラブハウスに来た時から始まるもので、トレーニングの準備の段階から、何を目的に行われているのかをイメージしながらやらなければいけません。トレーニングは週末に行われるゲームの中から、その要素を抽出して行われているものだということを理解しておかなければいけません。体だけではなく、頭の中も整理して、準備して臨むことも大切です」

Q:岡山戦では少し低いラインを設定し、少し構えて戦ったことで、逆に福岡の良さが強調されることになりましたが、これからも、ああいう戦い方を続けていくのでしょうか?
「あの戦い方は岡山戦に限っての戦い方です。最初のところは我々はラインを引いていたかも知れませんが、あの試合では途中から岡山がラインを下げてきました。その例からも分かるように、引いて守っているというのはJ2の多くのチームの戦い方です。岡山も8人で守ってカウンターを狙っていましたし、他のチームも、スタートの布陣は、3-4-2-1、4-4-2、4-5-1といろんなシステムを採用していますが、最終的なところでは最終ラインを5人にして中盤の4人が加わる形や、最終ラインの4人と中盤の5人が一緒になって守るチームが多いのが現実です。J2の中でも5、6チームはアグレッシブないいサッカーをしていますが、ほとんどのチームが守備的な戦いをしています。でも、両チームがディフェンシブな戦いをして、9人と9人で守り合うような守備的な試合を見に来るような人はいないのではないでしょうか?私はサッカーが好きですが、それでも、そのような守備的な試合をチケットを買ってみようとは思いません。我々はアグレッシブなサッカーを志向しています。そして、そのような試合を観客の皆さんは楽しみにしていると思っています」

Q:富山もしっかりとブロックを敷いて、前線の若い選手を中心にカウンターを狙ってくるチームですが、そのようなチームを、どのような封じていこうとお考えでしょうか?
「白崎、苔口、中島は若いと言っても経験がありますし、スピードもある選手です。でも、富山は現在勝点5で21位のチームです。そのチームに対して自信を持って臨めないのなら、一体、どのチームに対して自信が持てると言うのでしょうか?もちろん、彼らの成績だけを見て見くびってはいけません。けれど、富山や、讃岐に対して自信を持って戦えないのであれば、どこと対戦しても戦うことはできないのではないでしょうか」



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05