INSIDE WEB

 

J2第10節 福岡vs.北九州レポート

140430_02.jpg
【中倉一志=取材・文・写真】
アビスパ福岡は29日、ホーム・レベルファイブスタジアムでギラヴァンツ北九州と対戦。7回目を迎える福岡ダービーは激しい戦いが予想されていたが、北九州が自分たちのサッカーを展開したのに対し、福岡は自分たちの良さを消される一方的な展開へ。72分に北九州がセットプレーのこぼれ球を決めて先制すると、これが決勝点となって福岡はレベルファイブスタジアムで初めて北九州に敗れた。福岡は次節(5月3日)、ホームレベルファイブスタジアムに大分トリニータを迎えて九州ダービーを戦う。

戦えなかった福岡ダービー
簡単な試合ではないことは分かっていた。北九州の戦い方も分かっていた。そして、実際の北九州は、福岡ダービーということもあって幾分アグレッシブではあったものの、その戦い方は、まさに北九州そのものだった。しかし、その予想通りの相手に福岡は主導権を握られた。ぶつかり合いの末に押し込まれたのではない。困惑のうちに相手のペースに引きずり込まれ、ズルズルと時間を過ごし、そして何も出来ないままに90分が過ぎた。失点はFKのこぼれ球を決められたものだけ。しかし、内容は完敗だった。

福岡にチャンスがなかったわけではない。立ち上がりは、1人が中盤のギャップでボールを受け、もう1人が裏へ抜けていくという連携からチャンスも作った。自陣にブロックを作って相手を待ち受ける北九州に対しては効果的な攻めのようにも見えた。しかし、北九州の戦い方に戸惑いを隠せない福岡は、ほどなく仕掛けなくなっていく。欠点は長所のそばに存在する。難しそうに見えても、それを我慢して何度も、何度も繰り返すことで綻びが見えてくるものだが、福岡はそれをやらなかった。

メンタルだけの問題ではなく、それをやり続けるだけの精神的、技術的、そして戦術的な裏付けが自分たちの中にないのだろう。ミックスゾーンで発する選手たちの言葉の中に、そんな事情が見え隠れする。そして前への意識に僅かでもためらいが生まれれば、アグレッシブに行くことがすべての始まりである福岡のサッカーは機能しない。プレスがはまらず、その結果、両サイドの裏のスペースをいいように狙われ、そして、セカンドボールを拾われた。相手のカウンターに対しては粘り強く対応していたものの、自分たちのサッカーができなければ勝利が手に入るわけはない。

0429_fukuoka.png
 福岡(4-1-2-3)
0429_kitakyu.png
 北九州(4-4-2)
問題はどこにあったのか
戦えなかった理由はいくつか存在する。ひとつは試合運びの問題。福岡は、自分たちの時間帯にはどのチームでも押し込める力を持つ代わりに、自分たちの戦い方に何らかの制限がかかると、何をしていいのか分からなくなったように混乱するケースが多い。もちろん、もう一度アグレッシブに前から仕掛けるというのも手段のひとつだが、どのようにして苦しい時間を耐えるのか、どのようにして再び前へ出るのかという手段に乏しいと言わざるを得ないのが現状だ。

2つ目は中盤の構成面の問題。この日は城後寿が右の中盤の位置でプレーしたが、中原の右のスペースと、三島勇太の裏のスペースまでもカバーしなければならない状況の中では、彼が持つ最大の武器である前への推進力を生かすことができず、さらには、中盤の一角が低く下がることで、攻守にわたってチームバランスに大きな影響を与えていた。かといって、この日の布陣で城後が前への意識を強くすれば、守備面では更に穴があいてしまうのは必至。城後だけの問題では済まされない。

そして、もうひとつにチーム編成上の問題がある。攻撃陣を見れば、その質は高く、量も豊富だ。J2の中でも屈指のメンバーがそろっていると言っていい。その反面、中盤から後ろの層は薄い。その理由が資金難によるものなのか、他の理由によるものなのかは断言できないが、結果として、チーム全体のバランスが大きく隔たっている。特に両SBは代えが効かないという深刻な問題を抱えている。フルメンバーがパーフェクトな状態で試合に臨めば、どことやっても互角の戦いは演じられるが、それが期待できるほどリーグ戦は甘くない。

敗れた後に何ができるか
北九州戦で見えた問題点は、北九州との戦い特有のものではなく、福岡が抱えている構造的な問題点。この日の敗戦の根本的な問題は長崎戦と同様で、その延長線上にある。単に目の前の敗戦という結果にとらわれすぎると、本当の問題が見えにくくなっていく。「個の責任において、選手たちがピッチの中で何を感じ、どうふるまうかが大事」とするマリヤン・プシュニク監督の考えは正論だが、まだ成長過程にあるチームには、高い位置からプレスをかけて、アグレッシブに前に向かってプレーするという基本を守りながら、戸惑いを減らすための工夫が必要に思える。

いずれにせよ、一喜一憂は意味がない。完敗の悔しさは消えるわけではないが、今まで通り、自分たちの欠点と真正面から向き合って次の試合に向けて準備することに変わりはない。敗れた後に、どのようにふるまえるのか。そこに自分たちの真価が問われている。


第10節vs北九州 試合終了後のコメント(森村昂太)

140430_1657 第10節vs北九州 試合終了後のコメント(森村昂太)
試合 2014Jリーグ ディビジョン2 第10節 アビスパ福岡vs.ギラヴァンツ北九州
日時 2014年4月29日(火・祝)13:04キックオフ
会場 レベルファイブスタジアム
結果 福岡0-1(前0-0、後0-1)北九州
得点 [北九州]冨士(72分)
中倉一志=取材・構成

◎森村昂太選手;
Q:試合を終えて、今の気持ちを教えてください。
「古巣相手のダービーということで、勝点3を取ってサポーターとともに喜びあいたいという気持ちで試合に入りました。(負けて)悔しいです。自分としても納得のいくプレーができませんでしたし、チームが上手くいっていない中でも、なんとか勝点3だけは取りたいと思っていたので、その両方を達成できず悔しいです」

Q:いろんな思いを抱えての福岡ダービーでした。実際に対戦して、どのように感じましたか?
「相手はかなり、こちらのサッカーを分析してきたというか、なかなかやりづらい、やらせてもらえない点がありました。また、自分たちも戦えてないというもあったので、なんとか自分が得点に絡んだり、アシストをしたりというところを意識してプレーしましたが、それか出来なくて悔しいですね」

Q:球際のところで北九州の方が早かった印象があります。
「そうですね。セカンドボールも拾えていなかったですし、そこの部分で負けていたと思います。次に本城でやるときにリベンジしたいと思っています」

Q:これで九州ダービーで3連敗になってしまいました。
「九州ダービーに勝てていないのが現実です。次節は大分との九州ダービーで、ここまでの分をリベンジできる機会があるので、選手たちもしっかりと見直して、次こそ勝点3を取れるように、そしてサポーターの皆さんと喜びあえるように、また1から、しっかりと準備をしていきたいと思っています」

Q:このあと連戦が続きます。それに向けて意気込をお願いします。
「難しい試合というか、粘り強く戦わなければいけない試合が続くので、最後まであきらめずに、戦い抜くことで勝点が積み重ねられると思っています。1試合、1試合、準備してやっていきたいと思います」


【なでしこ短信】継続力

25分、先制点を決めて喜ぶ、湯郷ベル・松岡(右から2人目)
金子悟=文・写真

 「すべての面で完敗だった。」敵将にそう言わしめる内容で、湯郷ベルが1−0で日テレを破る快勝だった。

 プレナスなでしこリーグ・レギューラーシリーズ 第5節。湯郷ベルは敵地・駒沢に乗り込んだ。

 湯郷ベルは、少ないタッチ数でピッチを広く使う攻撃を展開。日テレ得意の局地戦を避け、序盤から優位に試合を進める。今季、大量8名の新加入選手が加わった湯郷ベルだったが、昨年までと同様、基本戦術にブレがないため、新加入選手のプレーにも迷いは感じられない。選手が大量に入れ替わることで脆弱になりかねないチーム力を、攻撃スタイルの継続が救う形となった。

 この湯郷ベルに6年振りに復帰した選手がいる。MF中田麻衣子だ。(写真、下段右) 6年前の退団後から、短大、チャレンジリーグのチームを渡り歩いた。そこでは仕事とサッカーの両立が難しく、自身のプレーに物足りなさも感じていた。今季、再び縁あって湯郷ベルに加入。よりレベルの高いリーグでプレーし、言い訳のできない環境に身を置いてサッカーをする決断をした。

 MF中田を含め、サッカーを続けようと湯郷ベルに集まった8名の新加入選手たち。チーム戦術を熟知した残留した選手とともにチームが一枚岩になれば、目標としていたタイトルに手が届くに違いない。

後半、パスを送る、湯郷ベル・宮間(右) 後半、ボールを競り合う、湯郷ベル・細川(左) 試合前のウォーミングアップ時、先発組の練習を見つめる、湯郷ベル・中田

第8節vs讃岐 プシュニク監督記者会見

140420_01.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
試合 2014Jリーグ ディビジョン2 第8節 カマタマーレ讃岐vs.アビスパ福岡
日時 2014年4月20日(日)16:02キックオフ
会場 丸亀競技場
結果 讃岐1-1(前0-1、後1-0)福岡
得点 [福岡]城後(35分)、[讃岐]福家(86分)

◎マリヤン・プシュニク監督;
Q:試合を振り替えって
「カマタマーレさんが、Jリーグで初めて勝ち点を取ったことに関しておめでとうと言いたいと思います。ハートを持って、非常にファイトしてきました。クラブやチームの色を出すという点においても、我々よりもやれていたと思います」

Q:後半に入るときにぬるい感じがしましたし、自分たちよりも下の順位のチームに勝点を落とすことが多いのですが、その点について、監督はどのように捉えていますか?
「後半は、我々は存在していませんでした。恥ずかしいことです。私がお客さんだったら、アビスパの後半のパフォーマンスに対しては、お金を払って見たいとは思いません。プロとしてお金をもらうようなプレーではありませんでした。アマチュアレベルのプレーでした」

Q:今日は試合を通して運動量も少なく、前線からのプレスも効いていなかったように見受けられましたが、いかがでしょうか?
「その部分も含めて私は恥ずかしく思っています。ご指摘の通りです。練習の中で、もっと走ってプレスをかけること、2対1の状況を作ること、素早くプレーすることなどを、いつもやっていますが、今日の試合には、それが反映されてしませんでした。昨日のトレーニングで見た選手たちは、今日は全く違う選手に代わっていたように感じられました」

Q:なぜ、普段の練習が試合に出なかったのでしょうか?
「それは選手に聞いてみてください。今日の件に関して言うと、その理由についても選手が応えていかなければいけないと思います。今日はいろいろな質問を受けて、答えを出していかないといけません。私はいま怒り心頭で、選手について話すどころではありません」


第8節vs讃岐 試合終了後の選手コメント

140420_2116 第8節vs讃岐 試合終了後の選手コメント
【中倉一志=取材・構成・写真】
試合 2014Jリーグ ディビジョン2 第8 カマタマーレ讃岐vs.アビスパ福岡
日時 2014年4月20日(日)16:02キックオフ
会場 丸亀競技場
結果 讃岐1-1(前0-1、後1-0)福岡
得点 [福岡]城後(35分)、[讃岐]福家(86分)

◎清水圭介選手;
Q:試合を振り返って
「前半も追加点が奪えませんでしたし、後半も、1点を取っていたことで安心してしまったのか、足が全体的に重くて、いつものような勢いがないと後ろから見ていて思いました」

Q:無理に仕掛けて、相手に引っ掛けられて、裏へ蹴られるという繰り返しだったように見えました。
「相手も自分たちの裏へ送るボールを警戒していて、少しラインを落とし気味になっていて、そこからカウンターというか、ロングボールを蹴ってラインを押し上げて、そこで奪ってという状態がすごく多かったので、もっと足元で受けるときの工夫をしなければいけないなと、後ろから見ていて思いましたし、コンビネーションを使ったプレーも少なかったように思います」

Q:次のアウェイは何が何でも勝つ以外になくなりました。
「勝たなければいけない試合でした。追加点が取れていれば違った結果もあったんでしょうけれど、そこで奪えずに、そこから流れが悪くなって、自分たちのサッカーもできずにという感じてハマってしまいました、今回は勝点2を落としてしまったという気持ちが強いです。次は群馬ですが、こればかりは、本当に練習からやっていくしかないと思います。暗くなっても意味はないと思いますし、自分たちからアクションを起こして、元気に明るくやっていかないといけないのかなと思います」

◎武田英二郎選手;
Q:Q:アビスパらしいサッカーができなかったように思います。
「そうですね。相手に合わせてしまったというか、相手のサッカーにまんまとハマった感じでした。ロングボールが多くて、中々セカンドボールが拾えず、相手のやることも徹底していて、そういう中で、ボランチとしてゲームを落ち着かせることができませんでした」

Q:悪いなりの戦い方もできなかったですね。
「最悪、守り切れば良かったんですけれども。つなぐのか、1回、裏へ大きく蹴り返すのか、徹底されているようで、徹底されていなくて・・・。もったいなかったですね」

Q:試合全体を通して運動量が少なかったようにも感じます。
「そうですね。自分たちの時間帯というのを作れなかったので。特に後半は、自分たちから動いて、どうこうというのができていなかったので、特にそう見えたかもしれません。讃岐は、あんまり細かいパスをつないでくるというスタイルではないので、相手をつぶすと言うよりは、頭の上を超えていくことが多くて、そこでセカンドボールの争いとか、そういうところになったと思うのですが、チーム全体として、試合を落ち着かせることができなかったのかなと思いました」

Q:次は絶対に勝たなければ行けなくなりました。
「これから始まるGWは勝たないといけない試合が一杯あると思いますし、今日、こういう結果になったので、なおさら取り返さなければいけないし、もっと自分たちのサッカーを積極的にやっていきたいと思います」

◎堤俊輔選手;
Q:試合を振り返って
「前半はチャンスがいくつかあって決めることができて、いい流れでやれたんですけれども、後半に入って、立ち上がりに相手の勢いに押されて、自分たちのサッカーができず、耐えるので精一杯という感じでした。最後の最後でやられてしまうという最悪の展開でした。今はまだ頭が整理されていないのですが、これからみんなで話しながら、問題点を解決していかなければいけないと思います」

Q:何かを変えようとしての結果だったとは思いますが、無理に攻めに出て、相手に引っ掛けて、相手に裏に蹴られるということの繰り返しだったように思います。
「キープするのか、ゴールを狙いに行くのかという判断が上手くできていなくて、中止半端なプレーが多くなって、そこで奪われてカウンターを受ける場面が何度かありました。ボールをキープするのか、前へ行くのか、もっとハッキリしたプレーをしなければいけないと思います」

Q:自分たちよりも順位が下のチームに勝ち点を落とすことが多いのですが
「そこは相手に関係なく、自分たちのサッカーができているか、いないかの差だと思います」

Q:アウェイで勝ち点6というのは無理になりましたが、これからどうするかということだと思います。
「終わってしまったことは何を言っても仕方ないですし、次の試合に切り替えて、まずは次の群馬で勝点3を取れるようにしなければいけません。その後、GWに入ると厳しい日程の中で、いかに勝点を積み重ねていくかということになると思います。まずは、来週の試合に向けていい準備して、勝点3を取ることだけを考えてやっていくことだと思います」



123456789101112131415161718192021222324252627282930 04