INSIDE WEB

 

富山第一が戴冠!大逆転で北陸対決を制す!

140122_A.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 決勝
日時:2014年1月13日(月・祝)14:08 kick off
会場:国立競技場
結果:富山第一 3-2(前半0-1、後半2-1、延前0-0、延後1-0 星稜 得点者:[星稜]寺村介(34分)、森山泰希(70分)、[富山第一]高浪奨(87分)、大塚翔(90+3分・PK)、村井和樹(109分)

140122_C.jpg
高校サッカー選手権として今の国立競技場での試合はこれが最後となった。そんな決勝戦のピッチに並んだのは、優勝経験豊かな強豪でもなく、出場経験の少ない新鋭でもない、25回目出場の富山第一と24回目出場の星稜という、属する北信越、北陸では名門であり強豪である両校の対戦となった。ともに初めてベスト4の壁を破っての決勝進出、いずれが勝っても初優勝だ。

決勝は富山第一にとって今大会の6試合目。ここまでの5試合では13得点6失点。一方の星稜は4試合を戦って、9得点無失点で決勝にたどり着いた。富山第一は紫、星稜は黄色、ともにファーストユニフォームを纏い(まとい)、4万8千を超える大観衆が見守る中、富山第一のキックオフで試合は始まった。

星稜、無失点のまま初の決勝へ!

140122_01.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 準決勝
日時/2014年1月11日(土)14:25 kick off
会場/国立競技場
結果/星稜 4-0(前半1-0、後半3-0) 京都橘
得点者/[星稜]仲谷将樹(3分)、寺村介(52分・PK)、原田亘(64分)、森山泰希(75分)

140122_02.jpg
140122_03.jpg
第一試合で、富山第一が一足先に決勝進出を決めた。第2試合は、2年連続ベスト4入りとなった星稜と京都橘の対戦。昨年度大会ではともに優勝した鵬翔相手に敗戦している両校。星稜は準決勝で2-2からPK戦で敗れ、京都橘も決勝で延長の末2-2からのPK戦で涙を呑んだ。

昨年、自分たちが4強に残ったことで得たシード枠を自ら使う形で、ともに2回戦から登場した今大会。星稜のここまでは、5-0一条、0-0(PK5-4)玉野光南、0-0(PK3-0)修徳と、無失点で勝ち上がってきた。2試合連続無得点と攻撃面に課題がありそうだが、勝利して富山第一との北信越地域、もっと言えば北陸対決を実現させたい。

一方の京都橘は、2-0藤枝東、3-2那覇西、2-0市立船橋と攻守にバランスがとれた内容での準決勝進出だといえる。しかもエース小屋松知哉が市立船橋戦で2ゴールと乗ってきているのも明るい材料だ。

そして、両チームは12月のプレミアリーグ参入戦で対戦し、京都橘が5-1で大勝したのだが、その内容がこの準決勝にどのように影響するか注目された。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01