INSIDE WEB

 

”候補”東福岡、3回戦で姿を消す

140113_05.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時/2013年1月3(金)14:10 kick off
会場/浦和駒場スタジアム
結果/日章学園 0-0(前半0-0、後半0-0、PK7-6) 東福岡

九州対決となった浦和駒場スタジアムでの3回戦はスコアレスのまま80分が経過。その後に行われたPK戦でも、両チームともに5人全員が決めて、ともに譲らない。どちらが準々決勝進出の権利を得るのかは全く分からない状況だった。ただ、福岡県、九州の大会を全て制した東福岡と、九州大会2回戦で0-2で東福岡に敗れた日章学園という比較で言えば、PK戦で精神的に優位に立っていたのは日章学園だったかも知れない。

そして、6-6で迎えた7人目。日章学園は東福岡・池辺龍次朗のPKをGK永本康造がストップすると、続く藤堂貴久がきっちりとゴールネットを揺らす。この瞬間、日章学園の準々決勝進出が決まった。どちらが勝ったわけでも、どちらが負けたわけでもない。しかし、これも高校サッカー選手権。優勝候補と呼ばれるにふさわしい実力を擁し、第77回大会以来15年ぶりとなる国立の舞台、そして頂点を目指した東福岡は、3回戦で高校選手権の舞台から姿を消した。

市立浦和、猛攻及ばず。富山第一が前半のリードを守りきる

140113_01.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時/2014年1月3日(木)12:05 kick off
会場/浦和駒場スタジアム
結果/富山第一 3-2(前半3-0、後半0-2) 市立浦和
得点者/[富山]渡辺(17分)、大塚(20分)、渡辺(25分)、[浦和]鍛冶(40+1分)、稲辺(57分)

12月30日の開幕戦で大会の幕を空けた高校選手権も今日で5日目。1回戦から戦うチームはもちろん、2回戦からの出場のチームも、中0日で迎える3回戦は疲労の蓄積が激しく、大会の中でも最も厳しい戦いでもある。この試合をどのように乗り切るのか。それが上位進出の鍵でもある。

そして、上位進出を目指して浦和駒場スタジアムに登場したのは市立浦和高校。地元代表校が出場するとあって、スタジアムには10,379人の観客が足を運んだ。そのほとんどが市立浦和の応援。高校サッカーにホームとアウェイはないように思えるが、この試合ばかりは市立浦和の完全ホームと化していた。その期待を一身に背負い「攻めて勝つ」を合言葉に、まずはベスト8進出を目指す

その市立浦和に挑むのは、富山県代表の富山第一高校。北部九州インターハイでは、過去最高タイのベスト8に進出し、今大会の目標に優勝を掲げる。市立浦和が2回戦からの出場であるのに対し、富山第一は1回戦からの出場。しかも2試合とも1点差という厳しい戦いが続く中で疲労の蓄積も多い。その疲労と、完全アウェイと言える浦和駒場スタジアムに、どのように向き合うのかが興味深い。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01