INSIDE WEB

 

実力の証明。東福岡、万全のスタート

131231_15.jpg

第92回全国高校サッカー選手権大会 1回戦
日時/2013年12月31日(火)14:05キックオフ
会場/埼玉スタジアム2002
結果/東福岡高校 6-0(前半3-0、後半3-0) 米沢中央高校
得点者/【東福岡】木戸(11分、28分)、赤木(32分)、阿部(60分)、オウンゴール(68分)、増山(80+1分)

131231_19.jpg
大会2日目、さいたまスタジアム2002に、今大会の優勝候補のひとつとされる東福岡高校が姿を現した。初出場は第58回大会(1979年)。第76回・77回大会(1997・1998年度)では2連覇を飾り、以降、「赤い彗星」の名で広く知られる強豪校だ。昨年2月に行われた新人大会からここまで、県内の大会では負け知らず。九州新人大会、九州大会も制し、プレミアリーグウエストでは最終節まで優勝を争うなど、その実力は高い。

対するは初出場の米沢中央高校。「米沢は県内でもサッカーのレベルが少し落ちるところ」とは指揮を執る鳥羽俊正監督の言葉だが、県大会決勝戦で強豪・山形中央を下して初優勝。監督就任から9年目にしてチームを全国の舞台へと導いた。躍進の要因は、米沢出身の地元選手と、県外出身の選手を融合させたこと。「県外から来た選手たちが米沢で頑張ってくれたことで、地元選手が本気になった」と鳥羽監督は話す。初めての全国に自分たちの今を思う存分にぶつけるつもりだ。

徳島市立、強豪再建への一勝

140104_01.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 1回戦
日時:2013年12月31日(火)12:05 kick off
会場:等々力陸上競技場
結果:徳島市立 1-1(前半1-1、後半0-0)、PK3-2 帝京長岡
得点者:[徳島市立]大西致誠(15分)、[帝京長岡]山田貴仁(20分)

大会2日目の1回戦、改修中の等々力競技場では、徳島市立と帝京長岡が対戦した。
徳島市立はインターハイと全日本ユースで選手時代に優勝経験を持つOB、河野博幸監督が春に就任し、「蹴るサッカー」から「つなぐサッカー」への変革を図る道半ばで、2年ぶり13回目の出場を決めた。

対する帝京長岡は、前回大会ではショートパスをつなぐスタイルで8強まで勝ち進んだ。徳島市立同様にこちらも夏に古沢徹ヘッドコーチが監督に就任し、逆に谷口哲朗監督がヘッドコーチとなって、二頭体制で指導に当たり、2年連続4回目の出場と着々と実績を積み上げてきた。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01