INSIDE WEB

 

”候補”東福岡、3回戦で姿を消す

140113_05.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時/2013年1月3(金)14:10 kick off
会場/浦和駒場スタジアム
結果/日章学園 0-0(前半0-0、後半0-0、PK7-6) 東福岡

九州対決となった浦和駒場スタジアムでの3回戦はスコアレスのまま80分が経過。その後に行われたPK戦でも、両チームともに5人全員が決めて、ともに譲らない。どちらが準々決勝進出の権利を得るのかは全く分からない状況だった。ただ、福岡県、九州の大会を全て制した東福岡と、九州大会2回戦で0-2で東福岡に敗れた日章学園という比較で言えば、PK戦で精神的に優位に立っていたのは日章学園だったかも知れない。

そして、6-6で迎えた7人目。日章学園は東福岡・池辺龍次朗のPKをGK永本康造がストップすると、続く藤堂貴久がきっちりとゴールネットを揺らす。この瞬間、日章学園の準々決勝進出が決まった。どちらが勝ったわけでも、どちらが負けたわけでもない。しかし、これも高校サッカー選手権。優勝候補と呼ばれるにふさわしい実力を擁し、第77回大会以来15年ぶりとなる国立の舞台、そして頂点を目指した東福岡は、3回戦で高校選手権の舞台から姿を消した。

市立浦和、猛攻及ばず。富山第一が前半のリードを守りきる

140113_01.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時/2014年1月3日(木)12:05 kick off
会場/浦和駒場スタジアム
結果/富山第一 3-2(前半3-0、後半0-2) 市立浦和
得点者/[富山]渡辺(17分)、大塚(20分)、渡辺(25分)、[浦和]鍛冶(40+1分)、稲辺(57分)

12月30日の開幕戦で大会の幕を空けた高校選手権も今日で5日目。1回戦から戦うチームはもちろん、2回戦からの出場のチームも、中0日で迎える3回戦は疲労の蓄積が激しく、大会の中でも最も厳しい戦いでもある。この試合をどのように乗り切るのか。それが上位進出の鍵でもある。

そして、上位進出を目指して浦和駒場スタジアムに登場したのは市立浦和高校。地元代表校が出場するとあって、スタジアムには10,379人の観客が足を運んだ。そのほとんどが市立浦和の応援。高校サッカーにホームとアウェイはないように思えるが、この試合ばかりは市立浦和の完全ホームと化していた。その期待を一身に背負い「攻めて勝つ」を合言葉に、まずはベスト8進出を目指す

その市立浦和に挑むのは、富山県代表の富山第一高校。北部九州インターハイでは、過去最高タイのベスト8に進出し、今大会の目標に優勝を掲げる。市立浦和が2回戦からの出場であるのに対し、富山第一は1回戦からの出場。しかも2試合とも1点差という厳しい戦いが続く中で疲労の蓄積も多い。その疲労と、完全アウェイと言える浦和駒場スタジアムに、どのように向き合うのかが興味深い。

波に乗る初陣履正社、ついに8強到達!



第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時:2014年1月3日(金)14:10 kick off
会場:ニッパツ三ツ沢競技場
結果:青森山田 1-1(前半0-1、後半1-0)、PK4-5 履正社
得点者:[履正社]川畑隼人(18分)、[青森山田]橋本峻弥(65分)

試合前、関係者に配布されるメンバー表に平均身長、体重とともに、平均年齢が載っている。高校生だけの大会に平均年齢など不要な気もするが、比べてみれば青森山田は3年生の中に2年生が2人だけで17.8歳。対する履正社は1歳以上若い16.7歳だ。2年生5人、1年生4人、3年生はわずかに2人。対照的な学年構成のチーム同士の対戦となった。

青森山田は17年連続19回目の出場、09年度に準優勝経験を持つ、いわずと知れた東北の強豪。今大会は2回戦から登場し相手は米子北だった。セットプレーから先行されて苦しんだが、1点リードされた後半33分に李相赫の同点ゴールで追いつき、PK戦でなんとか振り切って3回戦へとコマを進めてきた。初優勝を目指す青森山田にとってこの3回戦突破はかなりの難所。ここ3年連続(0-2滝川二、0-1大分、0-2星稜)で敗退しているのが3回戦なのだ。

一方、創部11年目で初出場を果たした履正社は、1回戦2-0秋田商、2回戦1-0徳島市立と2戦連続のクリーンシート。中心をなす1、2年生が試合を経験するたびに著しい成長を見せ、攻守のバランスが取れた戦いぶりで勝ち上がってきた。

四中工、昨年のリベンジ果たし8強入り

140111_01.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 3回戦
日時:2014年1月3日(金)12:05 kick off
会場:ニッパツ三ツ沢競技場
結果:四日市中央工 1-0(前半1-0、後半0-0) 桐光学園
得点者:[四中工]森島司(31分)

選手権の常連、6年連続31回目出場の四日市中央工(以下、四中工)は、1回戦で矢板中央を苦戦の末3-2で降すと、2回戦の帝京三戦にも2-0で勝利し3回戦進出。一方、3年連続8回目出場で、昨年(ベスト4)に続いて国立行きを目指す桐光学園は、2回戦からの登場。高知商に1-0という辛勝で3回戦へ駒を進めた。

この対戦は、昨年の初戦だった2回戦の再戦で、会場も同じ三ツ沢だ。その試合では桐光学園が4-2で四中工を破っている。前半で3-0とリードした桐光学園は、後半四中工に2点返されるが、最後はダメ押し点を決めて勝利した。昨年はともに3年生中心のチーム構成だったため、現在のメンバーに当時ピッチで戦っていた選手は少ない。そんな中、昨年、四中工追撃の2点をCKから決めたのが、四中工の現主将、坂圭祐だ。一昨年の準優勝メンバーでもある彼は、チームの精神的支柱としてリベンジに挑む。

佐賀東、善戦も及ばず。終わってみれば東福岡が貫禄勝ち。

140102_09.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 2回戦
日時/2014年1月2日(木)14:10 kick off
会場/浦和駒場スタジアム
結果/佐賀東 0-3(前半0-1、後半0-2) 東福岡
得点者/[東福岡]草野(13分)、木戸(65分)、阿部(79分)

1回戦で見せた東福岡の戦いぶりは、改めて、東福岡が優勝候補の名にふさわしい実力を有していることを証明するものだった。外側に両ウイングを広く開いた伝統の4-3-2-1の布陣から、草野昂希、阿部敬太、松田天馬の3人のMFが自由に中盤を動いてゲームを作り、決定力に優れる木戸皓貴がゴールを狙うスタイルの完成度は高い。狙うは、第76回大会、第77回大会以来となる3度目の全国の頂点だ。

その東福岡と2回戦で対戦するのは同じく九州の佐賀東高校。東福岡との対戦が決まった時に蒲原晶昭監督は「九州プリンスリーグ2部で東福岡のセカンドチームと一緒だったが、そのチームにも大敗するようなチームなので(1-6、1-5)、ちょっと怖い」と話していたが、相手がどこであろうと、ひとつでも多く勝ちたいと思う気持ちは他のチームと変わらない。「世の中の人たちは、みんな赤が勝つと思っている。けれど、自分たちだけは、それをひっくり返すために一致団結して戦う」(同)。戦う武器は、1回戦で見せた粘り強さだ。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01