INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】やるべきことを当たり前に

取材・文・写真/中倉一志

 水戸の天候は曇り。気温は24度。それほど湿気もなく比較的過ごしやすい気候です。水戸を初めて訪れたのは2004年。私が全試合取材を始めた年の最初のアウェイ取材場所が、まだ水戸市立陸上競技場と言われていた、このスタジアムでした。「J2は、こんなところにある、こんなスタジアムで試合をしなければいけないのか」。それが、当時の率直な印象でしたが、すっかり様変わりした駅前とスタジアムを見ながら、「世間はどんどん変わっていく。何もせずにいたら置いていかれる」という当たり前のことを感じています。

 さて、今日はJ2第25節の水戸戦。後半戦での巻き返しを図る福岡は、違った姿を見せられないま3試合を過ごしてしまいました。前田浩二監督は「とにかく、やりきること」と繰り返しますが、チームは自分たちのサッカーを表現することなく、不用意なミスを繰り返して勝点を落とし続けています。トレーニングは相変わらず緊張感もあり、モチベーションも高く、決して精神的に落ちているわけではないのですが、試合になると自ら崩れていく。そんな試合を続けています。

 ただし、注意深く見ていると、不用意なミスや、単純なマークミスが試合と同じように散見されます。サッカーにはミスがつきもので、ミスが起こること自体に問題ではないのですが、やってはいけない場所で、やってはならないミスをする。しかもそれは、ほんの少し注意深くプレーすれば、あるいは、それぞれの役割をしっかりと理解していれば起こるはずのないミス。さらに言えば、特定の誰かではなく、まんべんなくミスが起こる。そこに福岡が抱える大きな問題があるようです。

 個々の意識の問題は大きいと思います。しかし、それだけではなく、状況を考えたポジショニングや、サポート、カバーへのこだわりが薄いようにも感じています。あと一歩動いていれば。あと数10センチだけ距離を詰めていれば。そんなシーンが多く見受けられます。サッカーは1人でやるスポーツではありません。バスの出し手と受け手。サポートされる側とサポートする側。その両方にディテールに対するこだわりがなければ、ボールを運ぶことはできません。

 言い換えれば、個々の意識はもちろんですが、チームとしてディテールに対する意識が甘いことが、今の状況を招いているように思います。今週のトレーニングでは、前田監督は「連動する」ことをテーマに、ボールの反対側にいる選手のポジショニングを細かく修正していましたが、それを実践の場で表現できるか否かが、今日の試合の行方を握っているように思います。相手云々ではなく、自分たちがやるべきことをやりきれるか。今までとは違った流れで勝利してほしい。切にそう願っています。


ガンバルあなたを応援したい

7/12にスタジオに遊びに来てくれたのは濱辺梨帆さん(写真中央・福岡大学1年・7人制ラグビー日本女子U-18代表)。リオデジャネイロ五輪から正式種目になる7人制ラグビーでメダル獲得を目指して、連日激しいトレーニングを積んでいます。


INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。毎回、素敵なゲストをお迎えして、アビスパ福岡情報とともに、スポーツの魅力をお届けします。
 そして、7/18(水)の下司とは配信では、ライジング福岡の公式チアダンスチームとしてお馴染みのRFC(Radiant Fukuoka Cheers)から、SHOKOさん、SAORIちゃんの2人をゲストに迎えてお送りします。仕事をしながら、大学に通いながら、好きなダンスを踊ることで、頑張っている人たちにエールを送り続ける彼女たちの素顔に迫ります。

【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka

【7月18日配信内容】20:00~21:00
 1.アビスパ福岡情報
   第24節山形戦の振り返りと、第25節水戸戦の見所を紹介します。
 2.スペシャルトーク
   ゲスト:SHOKO、SAORI(Radiant Fukuoka Cheers)
 3.告知、他

【今後の配信予定とゲスト】いずれも20:00からの配信です
 7月25日(水)秋山涼選手・清原万里江選手(福岡Jアンクラス)
 8月02日(木)照本綾子さん(福岡女子大学文学部)・緒方葵さん(同国際文理学部)
 8月08日(水)ゲスト未定
 8月16日(木)和栗百恵准教授(福岡女子大学国際文理学部)
 8月23日(木)ゲスト未定
 8月29日(水)ゲスト未定

※ゲストは決定次第、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
 Twitter acount @nakakurahitoshi
 FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下のアドレスへメールにてお願いします。
 inside-fukuoka@office-eleven.co.jp


【J2第24節】重たい敗戦

120717_01.jpg 2012Jリーグ Division2 第24節
モンテディオ山形-アビスパ福岡
日時/2012年7月15日(日)19:00
会場/NDソフトスタジアム山形
結果/山形3-1福岡

取材・文・写真/中倉一志

 前半戦を首位で折り返しながら、最近の5試合を見れば1勝2分2敗と思うように勝点を伸ばせない山形。J1昇格争い後半戦での巻き返しを図りながら、ホームで戦った前節の徳島戦を自滅の形で落とした福岡。互いが置かれている立場は大きく違うが、どちらも勝点3しか必要がない試合であることに変わりはなかった。そして、10000人を超す山形サポーターが大声援でチームを後押しすれば、完全アウェイの中で勝利を得ようと、はるか遠くからスタジアムにかけつけた福岡サポーターも、あらん限りの声をあげてチームを勇気づける。

 そんな中、立ち上がりの主導権を握ったのは福岡。コンパクトなゾーンを形成して高い位置からプレスをかけてボールを奪取。ワンボランチで守る宮坂政樹の両脇に素早く楔のボールを入れて起点を作ったかと思えば、ラインの裏を狙う坂田大輔、城後寿らにシンプルにボールを入れる。そして、ボールを失っても高い位置ですばやくプレスバックして奪い返す。出足の速さでも山形を上回る福岡は、狙い通りのサッカーで山形を自陣内へと押し込んでいく。完全アウェイのスタジアムで躍動する姿に、遠方から駆けつけたサポーターのゴールへの期待が膨らむ。

 だが、粘り強さと安定感をチームカラーとする山形はゴールを許さない。福岡の攻撃に振り回されていた序盤の時間帯を凌ぎながら、徐々に体制を整え、15分を過ぎたあたりからは、すばやく守備ブロックを敷いて福岡の攻撃を封じ込めることに成功すると、30分を過ぎてからは攻撃に反転。福岡を攻める時間が増えていく。そして40分、GK神山竜一がハイボールをキャッチしようとしてファンブルしてこぼれたボールに石井秀典が右足を振り抜いて先制ゴールを奪った。ゴールそのものは相手のミスによるものだったが、劣勢にもリズムを崩さず、そして、安定した戦い方で試合を自分たちのペースに持ち込むのは山形の戦い方。山形らしさが際立った前半だった。

 それでも、まだ前半が終わっただけ。この時点では福岡にもまだチャンスはあった。先制点を奪われた直後にはカウンターから西田剛が裏へ飛び出して決定機を演出。立ち上がりのサッカーを続けていけば十分に巻き返す時間もあった。
 しかし、そうはならなかった。後半の立ち上がりに課題を抱える福岡は、この日も前半とは全く違うチーム。積極的に仕掛ける山形の前に全く守備が機能しない。サイドアタックになす術もなく陣形を崩され、そしてクロスボールにDFラインが大きく振られる。そして後半立ち上がりの50分にカウンターから鮮やかに攻め込まれて2失点目を喫すると、58分には中島裕希に右サイドを突破され、最後は船山祐二をゴール前でフリーにしてしまって3点目を失った。80分に途中出場の木原正和が1点を返したものの流れは変わらず。試合は3-1で山形が制した。

 互いの差が顕著に結果に表れた試合だった。
 劣勢にも大きく乱れず、堅固な守備をベースに自分たちのリズムを取り戻したのが山形なら、自分たちの時間帯に決定的な仕事が出来ず、1点をリードされると、そのまま悪い流れに飲み込まれて自分たちのリズムを崩してしまったのが福岡。前田浩二監督は「忍耐力の差」と試合を振り返った。そして、球際の争いでも戦えていなかったのは福岡。「簡単にクロスを上げさせないとか、あそこでスライディングをしておけばとかの問題。その部分は明らかに山形との違いだった」(同)。勝負所の局面で、軽いプレーでピンチを広げていたのが福岡だった。

「終わってみれば情けないというか。前半はいい入り方をして、そこで2点、3点取っていれば絶対にこちらのペースだったし、最初からの流れで行けば絶対に勝てる試合だった」と試合を振り返ったのは畑本時央。その表情からは消すことの出来ない悔しさが滲み出ていた。しかし、悪い流れを凌ぐことが出来ずにズルズルとやられるのは、今シーズンの福岡が抱えている大きな問題。流れのいい時間帯に得点を奪うことはもちろんだが、自分たちが仕掛ける守備は機能しても、相手を受けた時の守備が全く機能しない。どんな相手との試合であっても、サッカーには必ず相手の時間帯がある。それを凌ぎきれなければ勝利は遠い。抱える問題をどのようにして解決するのか。残る試合が少なくなる中、福岡が抱える問題は小さくはない。


目指せ!リオデジャネイロ五輪



INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。毎回、素敵なゲストをお迎えして、アビスパ福岡情報とともに、スポーツの魅力をお届けします。
 そして、本日のゲストは、女子7人制ラグビーの日本女子U-18代表経験を持つ濱辺梨帆さん。7人制ラグビーは男女ともに2016年リオデジャネイロ・オリンピックから正式種目になることが決まっていますが、日本代表としてリオデジャネイロでメダルを獲得すべく、日夜激しいトレーニングを積んでいます。その濱辺さんに、女子ラグビーとの出会い、女子ラグビーの魅力など、熱い想いを語っていただきます。

【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka

【7月12日配信内容】20:00~21:00
 1.アビスパ福岡情報
   第23節徳島戦の振り返りと、第24節山形戦の見所を紹介します。
 2.スペシャルトーク
   ゲスト:濱辺梨帆選手(福岡大学1年 女子ラグビーU-18日本代表)
   2016年から五輪正式種目となった7人制ラグビー(男女)。その憧れの地でのメダル獲得を
   目指してトレーニングを続ける濱辺梨帆選手に、女子ラグビーの魅力をお聞きします。
 3.告知、他

【今後の配信予定とゲスト】いずれも20:00からの配信です
 7月18日(水) 未定
 7月25日(水) 秋山涼選手・清原万里江選手(福岡Jアンクラス)

※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下のアドレスへメールにてお願いします。
inside-fukuoka@office-eleven.co.jp


【美酒佳肴】毎日でも通いたい

焼きとり かい
山梨県甲府市丸の内2-1-7

甲府駅から徒歩2分。南口を出て駅前通りを右へ。最初の路地を左の曲がると表れる路地裏の飲み屋街の中にある。B級と「吉田類の酒場放浪記」をこよなく愛する呑んべ向けのお店。店主の暖かい人柄と、お酒好きが感じられる店内の空気が心地よい。

文・写真/中倉一志

 アウェイ取材の目的のひとつは、その町の普段着の空気を直接吸うこと。観光客向けの店や、名物をそれなりの値段で出す店ではなく、地元の人たちが、普段着のままで通う店へ行くのは、そうした理由です(経費的に高級店は厳しいという個人的な理由もありますが…汗)。ある程度の下調べはするものの、基本的には、その場の雰囲気で飛び込むのが原則。当たりもあれば外れもありますが、中には、何度も通いたいと思う店と出会うことがあります。そのひとつが甲府駅前にある「焼きとり かい」です。

 この店と初めて出会ったのは昨年のアウェイゲーム。路地裏の飲み屋街をふらふらと歩いている時に見つけました。見るからにB級なお店でしたが、暖簾をくぐって大正解。店内は「コの字型」のカウンターだけですが、何とも言えない暖かな雰囲気と、大将のお酒好きが伝わってきます。大将が、どことなくなでしこジャパンの佐々木監督に似ているのも好高感度が上がった理由のひとつでした(声はそっくり)。「この店に通いたい」。そして、今年も行ってきました。

120712_02.jpg
120712_03.jpg
 店名には「焼きとり」とありますが、壁に張られたメニューは無国籍。焼き鳥はもちろん、刺身もあれば、イタリアンもあります。お酒も日本酒から、ビール、ホッピー、焼酎、ウイスキーと何でもござれです。まずは、黙って座ると出される2種類のお通しを肴に生ビールを飲み干し、そしてホッピーと最も相性が良いとされているキンミヤ焼酎(甲類)とホッピーのセットを注文。やや濃い目に作って喉に流せば、キンミヤの柔らかな味がホッピーと絶妙なハーモニーを醸し出します。

 そして、いろいろとあるメニューの中から「馬の煮込み」をチョイス。ほどなく、大ぶりにカットされ、柔らかく煮込まれた馬モツが運ばれてきます。牛モツほどの濃厚さはなく、比較的あっさりとした味ですが、程よい噛み応えのある煮込みは美味。その塊を味わいながらホッピーで喉を潤せば、至福の時がやってきます。そしていつの間にか、大将と飲み屋話。話題がヴァンフォーレ甲府になったところで、「そう言えば、一度来たことがあるよね」と大将。1年前の、たった1回の訪問を覚えてくれていたようです。

 程よく酔っ払ったところで締めの肴は赤ウインナー。昭和世代には忘れられない味です。粗挽きウインナーのようなプチプチとした食感もなく、肉々した味もない、ありふれた味の魚肉ソーセージですが、子ども時代を昭和で過ごした世代にとっては、これこそがウインナー。その味が懐かしい思い出とともに口に広がっていきます。生ビール、濃い目のホッピー3杯と肴で2,000円台というリーズナブルな値段も魅力。店が醸し出す雰囲気も相まって、毎日でも通いたい店です。「来年も必ず来ます(もちろん、J1の取材で)」。そう約束して店を後にしました。

120712_04.jpg 120712_05.jpg 120712_06.jpg



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07