INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】兆しを感じた横浜戦

120627_01.jpg 取材・文・写真/中倉一志

 これまでとは違ったゲームができそうだ。第21節横浜FC戦のキックオフの笛を聞いて間もなく、そう感じました。結果は引き分け。それだけを見れば今までと同じですが、選手1人、1人がピッチの上で表現したものは、これまでの試合とは別物でした。「しっかりと相手を崩してフィニィッシュまで持って行くという点では、迫力を持ったゲーム展開を繰り広げたと選手たちは自信を持っていると思いますし、我々スタッフも手ごたえを感じています」とは、試合後の記者会見での前田浩二監督。それは、ミックスゾーンに現れた選手たちの表情からも窺い知れました。

 これまでの試合と大きく違ったのは、前へ出るという意識が徹底されていたことです。
「前への意識というのは、(先週の)オフ明けのトレーニングから、すごく強調してきたこと。練習の中でやってきたことが今日の試合には出せた。ああやって前へ出る姿勢を見せればチャンスは来る。こういった攻撃はこれからも必要」(高橋泰)。
「今週は、練習の時から縦の意識を嫌と言うほど徹底していた。それが自然と体に染みついて、それを今日の試合で表現出来たのは良かったと思う」(坂田大輔)
 2人の言葉からも分かるように、トレーニングがもたらしたチームの変化でした。

 必ずしも、全てが上手くいっていたわけではありません。前半は、シンプル、且つスピードのある横浜の攻撃に何度も右サイドを崩され、後半はカウンターから危ないシーンも作られました。しかし、決して慌てずに冷静に対処したことに加え、局面の争いで激しく、粘り強く守り、時には体を張ってボールを跳ね返し、失点を微妙な判定による1失点に抑えました。相手の出方や環境等によって、バタバタする時間が必ずあった福岡でしたが、90分間集中を切らさずにプレーできたことも、収穫のひとつだったと思います。

 それでも、チームが置かれている状況は依然として変わりません。
「正直に言って、順位も、結果も、全部ふがいない。もう半分あるので焦る必要はないが、勝ち点3を積み重ねないことには上の順位へは行けない。今日の試合もそうだが、今シーズンは引き分けの試合が多く、その試合を勝ちきるのはFWの責任。しっかりやっていきたい」(坂田)
 これまでの不振から抜け出せそうな気配を感じさせる試合ではありましたが、この日の内容を勝利に結びつけてそ、この試合に意味が生まれてくるのだと思います。

 福岡は、新しい監督とスタッフ、そして大幅に入れ替わったメンバーで、昨年のスタイルから、ボールをポゼッションして攻守に渡って主導権を握るサッカーへの転身を図っています。それは一朝一夕に完成するものではなく、目の前の結果に一喜一憂するようなら、進むべき方向も、方法も見失ってしまいます。その反面、目の前の勝負にこだわらなければJ1への復帰もあり得ません。決して簡単なことではありませんが、その両立を目指しているのが今シーズンの福岡。残り21試合に、自分たちの想いの丈をぶつけてほしいと思っています。


【フットボールな日々】自分たちのサッカーを

120622_01.jpg 取材・文・写真/中倉一志

「ゴールを目指すとはどういうことなのかを改めて意識させた」  そう話す前田浩二監督が今週のトレーニングで重点を置いたのが、守から攻への切り替えを速くすること、バイタルエリアへ縦パスを入れると同時に攻撃のスイッチを入れること、裏のスペースに積極的に飛び出していくこと、そして、受け手に対して3人目、4人目の選手がしっかりとサポートすること等々。攻撃面が停滞する試合が続く中、もう一度、自分たちが目指すサッカーとは何かを明確にすることでした。

 その意図は選手たちに十分に伝わったようです。高橋泰は話します。
「ボールを大事にするのは分かるが、FWがここで欲しいなというところにボールが出てこなかったり、今つながなくてはという時に出す場所がなくなって、前へ蹴って1人の選手に任せてしまうという場面が多かった。ボールを大事にし過ぎてチャレンジすることができず、サッカーの本質に欠けている部分があったが、今週のトレーニングは、練習の中で、それを思い出させてくれるものだった」

120622_02.jpg
120622_03.jpg
 そして、22日に行われた紅白戦で石津大介が決めたゴールは、まさにその形から。ボールをポゼッションしながら隙を窺い、楔のボールを入れると同時に裏のスペースへ走り込んだ石津に対し、ポストプレーから落としたボールをボランチがラストパスを通してゴールネットを揺らしました。「ダイナミックな動きが戻ってきた」と話すのは前田監督。鈴木惇も「昨日のトレーニングで確認したことが、今日の紅白戦では上手くプレーに出た」と手応えを口にしています。

 そして鈴木は、ディテールの部分に甘さがあるチーム状態について次のように続けます。
「練習では流れは良くなりつつあるし。みんな、細かいところにこだわるという意識でやっている。あとは、自分のプレーが思うように出来ない時に、どこまで徹底できるかということ。横浜FCはいいチーム。上手くいかない時間帯もあると思うが、その時に、どこまで我慢できるかだと思う」
自分たちが感じている変化をしっかりと試合で見せること。すべてはそこにかかっていると思います。

 ここまで思うように勝点を重ねられない試合を続ける福岡ですが、その現状を「課題というよりは、自分たちのスタイルを変えるということを進行させていく中でのプロセスと捉えている。いま、そのプロセスに立ち向かっているところ。ここをクリアすればチームは変われる」と話します。チームが一歩前に進むために、そして、後半戦に向けて勢いをつけるために、横浜戦に勝って前半戦を終わらせたいのは福岡に関わる全ての人たちが願い。ここまでの流れを払拭する内容と結果を持って、レベスタへ帰ってきてほしいと思っています。

120622_04.jpg 120622_05.jpg 120622_06.jpg


サッカーの話をしよう by INSIDE-FUKUOKA

120619_01.jpg 株式会社オフィスイレブン
代表取締役 中倉一志

 2012Jリーグ・ディビジョン2も早いもので間もなく前半戦が終わろうとしています。そんな中、「J2優勝。J1昇格」を目標にスタートしたアビスパ福岡は、勝ちきれない日々を過ごし、チーム、サポーター、そしてアビスパに関わる多くの方たちが、モヤモヤとした日々を過ごされていることと思います。
 そこで、以下の日程で「サッカーの話をしよう by INSIDE-FUKUOA」を開催することにしました。胸にたまっているモヤモヤを吐き出して、そして、後半戦に向けて自分たちに何ができるのかを整理し、新たな気持ちで、そして前向きに、残された21試合をサポートしていこうというのが、このイベントの趣旨です。

   日 時:6月29日(金)20:00~22:00
   場 所:〒810-0005 福岡県福岡市中央区清川1-10-13
       092-522-7070
       http://navifukuoka.com/092-522-7070/
       ※清川のサンロード商店街の中央辺りにあるお店です。
   参加費:参加費は無料ですが、会場での飲食については各自でお支払いください。
       当日はキャッシュオンデリバリーの予定ですので、ワンドリンク以上の
       オーダーをお願いします。
   その他:どなたでも気軽にお越しいただけるように予約制ではありません。
       ご来場も、ご退室も自由です。
       ただし、会場の準備の関係上、全体の人数を把握させていただくため
       参加希望について、下記へご連絡いただけると助かります。
       event@office-eleven.co.jp

       もちろん飛び入りでもかまいません。ドタキャンもキャンセル料は要りません(笑)
       なお、会場のキャパシティの関係で、30名を越える場合には、
       立ち飲みになる場合もありますので、ご了承ください。

 当日は、会場からUstream「INSIDE-FUKUOKA」を公開収録します。
 いつものようにパソコンの向こう側から、そして、会場の皆さんと意見を交換しながら、いろんな話ができればと思っています。壇上に飛び入り参加して喋っていただくもよし。会場でお酒で喉をうるおしながら聞くのもよし。集まった仲間とサッカーの話をするのもよし。会場からのご質問・ご意見も大歓迎。とにかく形式にこだわらず、思い切りサッカーとアビスパに浸る時間を過ごしていただければと思っています。そして、福岡の町にJリーグがあることの意味を、もう一度再確認して、後半戦に臨みたいと思っています。

是非、多くの方のご参加をお待ちしています。


【フットボールな日々】さあ、仕切り直し

120612_01.jpg 取材・文・写真/中倉一志

「ピッチの中でしか分からないことがある」。以前、福岡に所属していた選手が、良く使っていた言葉です。そして、第18節の福岡ダービーを見ながら、その言葉を思い出していました。スタンドから俯瞰で見る限り、いわゆるダービーを感じさせる激しいぶつかり合いは多くはありませんでしたが、66分の城後寿の途中交代や、84分に古賀正紘がピッチを一度離れたシーンは、地味に見えても激しく動き回っていたことを感じさせるシーンでした。

 その成果が表れたのか前半だったと思います。全員が細かく動きながらパスを回し、ジャブを打ちこむように、相手の選手の間に入り込む選手に楔のボールを入れて守備網を崩しにかかり、それが駄目なら、もう一度作り直してから、相手のラインにギャップを産ませるべく再び楔のボールを入れる。縦に急がず、丁寧にそれを繰り返し、ギャップ出来たと見るやラインの裏を陥れる。25本のパスを回して奪ったゴールは、まさにその形から。これまでの試合と比較して、自分たちが目指すサッカーを最も表現できた時間帯でした。

120612_02.jpg
120612_03.jpg
 それを中盤で支えていたのが岡田隆だったと思います。
「攻撃で相手を圧倒しようというコンセプトがある中で、それを実現するためには守備で圧倒しなければ難しいと感じていたので、自分がスイッチになって、周りを動かしながら、相手にプレーをさせないために、早く奪って自分たちの時間を多くするということを意識してプレーした。」(岡田)
 その言葉通り、この日の前半の福岡は、失ったボールに対して素早くプレスバックして簡単に奪い返し、ほぼ一方的にボールをまわして主導権を握り続けました。

 そして、もうひとつ重要なファクターが「声」でした。
「1人、1人が、より声を出していたし、行かせる声と、行かせない声が、すごく後ろから聞こえた。隆にしろ、章吾にしろ、自信を持って声を出してくれた」(高橋泰)
「なるべく声を切らさないようにしていた。みんなも、きつい時間帯ほど声が出ていたし、それが最後まで集中力を保つことができた要因になった」(小原章吾)
 後半は北九州に押し込まれる形にはなりましたが、それを無失点で切り抜けられたのも、最後はゴール前に鍵をかけて守り抜くという意思統一が出来たのも、互いに掛け合い、要求し合う声があったからでした。

 すべてがうまく行ったわけではありません。最後は割り切ったとはいえ、守備一辺倒になってしまった後半の戦い方には課題が残りました。しかし、今の福岡に必要な物は内容によりも勝点。それを重ねることでチームに自信が産まれ、この日の前半の戦い方を続けることがチームの成長につながります。次の試合は中3日で迎えるアウェイ・松本山雅戦。いつものように簡単な試合にはならないと思いますが、しっかりと勝利を手にして帰ってきてほしいと思っています。

120612_04.jpg 120612_05.jpg 120612_06.jpg


スポーツ情報誌「INSIDE」第9号 絶賛発売中!!

P01.jpg INSIDEは通信販売でお買い求めいただけます。
通販サイトはこちら image_2.png

「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」というキャッチフレーズでお届けしている福岡発スポーツ情報誌「INSIDE」。6月9日に第9号を発売開始しました。J1への想い、アビスパへの想いを語った城後寿の巻頭インタビューを始め、アビスパ福岡、福岡Jアンクラス、ライジング福岡等々、福岡のスポーツシーンに関するコラムが満載。是非、この機会にお買い求めください。

 発売日:6月9日(日)
     ※6/9、17にレベルファイブスタジアム特設売店で販売します。

 価 格:350円(24P フルカラー)
 内 容:以下の通り
     Interview AVISPA FUKUOKA「歩いてきた道 歩いていく道」城後寿
     AVISPA FUKUOKA「夜明け前」
     FUKUOKA J ANCLAS「進むべき道」
     NAKAKURA'S COLUMN「原稿用紙6枚の思い」
     INSIDE COLUMN「もう一人のデビュー戦」「アウェイ観戦の勧め」
     Interviw RUGBY JAPAN NATIONAL TEAM「夢の途中」藤田慶和
     INSIDE EYE「なでしこに続け!我ら女子ラガーズ」
     Intervew RIZING FUKUOKA「あどけなさに潜む強さ」ケビン・パルマー
     RIZING FUKUOKA「We are one.福岡が熱く燃えた日」


 また、レベルファイブスタジアム以外でも、通信販売、ならびに下記書店でお買い求めいただけます。なお、発送作業の関係で、一部店舗での販売取扱が、発売日から数日後になることもありますので、あらかじめ、ご了承いただければ幸いです。

 ■通信販売(バックナンバー有)
  http://inside.cart.fc2.com/にアクセスして、ご利用ください。

 ■紀伊國屋書店
  福岡本店 〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多バスターミナル6F
  ゆめタウン博多店 〒812-0055 福岡市東区東浜1-1-1 ゆめタウン博多2F
  久留米店 〒839-0865 久留米市新合川1-2-1 ゆめタウン久留米2F
 ■福岡金文堂書店
  本店 〒810-0001 福岡市中央区天神2-9-110
  大橋駅店 〒815-0033 福岡市南区大橋1-5-1 西鉄名店街1F
  姪浜南店 〒819-0002  福岡県福岡市西区内浜1丁目7番3号ウエストコート姪浜内
 ■Fanatica
  〒816-0053 福岡市博多区東平尾2-12-20-1



123456789101112131415161718192021222324252627282930 06