INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】強さと勇気

取材・文・写真/中倉一志

 第10節の東京V戦は、悔しいと言うよりも、ただ、ただ、残念な試合でした。試合後の記者会見の冒頭で、前田浩二監督は「喧嘩に負けた」と話しましたが、その言葉通り、戦術云々の前に、戦う気持ちを表現できないままに敗れてしまいました。大型連休中に行われる4試合がJ1昇格争いの最初の山場であることは、選手たちが分かっていたことですし、集中の高いトレーニングも出来ていました。正直、このような試合になることは全く予想ができませんでした。

 勝負の世界にいる以上、勝利も、引き分けも、そして敗戦も、等しく結果として正面から受け止めなければなりません。どんな結果にも一喜一憂せずに、常に自分たちがやるべきことを整理して、その実現のためにコツコツと積み上げていく。それしか自らを高める方法はありません。しかし、この日の試合は、敗戦という結果を受け止める以前の問題。その戦いぶりは、J1昇格を口にしているチームとしては受け入れがたいものでした。

「自分たちのサッカーを出来る時と、出来ない時の差がありすぎる」。これは徳島戦後の成岡翔の言葉ですが、ここまでに敗れた4試合を振り返ると、力関係から見て同等以上の相手や、勢いのあるチームとの対戦では、ネガティブなプレーに終始することが多く、自分たちの目指すサッカーを表現することなく完敗しています。サッカーは相手があるスポーツとは言え、上手くいかない状況をはね返せないチームを見るにつけ、メンタル面での未熟さを感じざるを得ません。

 実は、この問題は、福岡が初めてJ2に降格した時から、歴代の監督が等しくぶつかった壁でもありました。松田浩監督(現栃木SC監督)、川勝良一監督(現東京V監督)、リトバルスキー監督、篠田善之監督(現FC東京コーチ)、そして浅野哲也監督と、誰もが、トレーニングの内容に関係なく、相手やシチュエーションによって変わる精神状態に悩ませられてきました。「勝者のメンタリティに欠ける」「リバウンドメンタリティを持っていない」。結局、その弱さがJ2でのプレーを余儀なくされている大きな要因の一つだと思います。

 言いかえれば、J1昇格争いは自分たちの心の中にある弱さを克服する戦いであると言えます。どんな相手に対しても自分たちのサッカーをやり抜く強さを持てるか。逆境をはね返す強さを持てるか。仲間を代表してピッチに立つ責任と自覚を表現する勇気を持てるか。それを実現した時、初めてJ1の扉が見えるのだと思います。東京V戦が情けない戦いだったことは選手たちが一番自覚しているはず。明日の甲府戦では、その想いをピッチにぶつけてくれることを願っています。


ライジング福岡最終戦 来場者プレゼントのお知らせ

株式会社オフィスイレブンでは、4月28日(土)・29日(日)の両日、福岡市民体育館にて開催される「bjリーグ・レギュラーシーズン最終戦 ライジング福岡-京都ハンナリーズ戦」にて、以下の通り、来場者プレゼント(それぞれ先着100名様)を行います。
今年のbjリーグは、2試合を残して、2位の大阪から5位の福岡までが1ゲーム差の中にひしめき合う大混戦。プレイオフを優位に戦うには、順位をひとつでも上げる必要があります。皆さん、是非、体育館へ足を運んで、ライジング福岡に声援を送ってください。

 ◎4月28日(土)vs.京都ハンナリ―ズ(福岡市体育館 18:00 tip off)
  スポーツ情報誌「INSIDE」第6号(竹野明倫選手インタビュー掲載) 先着100名にプレゼント
 ◎4月29日(日)vs.京都ハンナリ―ズ(福岡市体育館 13:00 tip off)
  スポーツ情報誌「INSIDE」7号(仲西淳インタビュー掲載) 先着100名にプレゼント

takeno.jpg  nakanishi.jpg

※スポーツ情報誌「INSIDE」とは「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」というコンセプトのもと、福岡のスポーツシーンを紹介するスポーツ情報誌。ライジング福岡、アビスパ福岡、福岡Jアンクラスなどを中心に、様々なスポーツを取り扱っています(季刊)。28、29日の両日は会場にて最新号(第8号 3/4発売号)の販売も行います。
また、「INSIDE」は福岡市内の下記書店、ならびに通信販売(バックナンバーあり)でお買い求めいただけます。是非、お手にとってお楽しみください。

紀伊國屋書店 福岡本店・ゆめタウン博多店・久留米店
福岡金文堂 本店・大橋駅店・姪浜南店
オフィスイレブン通販サイト http://inside.cart.fc2.com/


【フットボールな日々】徳島戦は転機になるか?

取材・文・写真/中倉一志

 ゲームレポートは後日アップすることにして…。徳島の出来を差し引いても、いい内容の試合だったと思います。勝ったことはもちろんですが、何よりの収穫は90分間を通して落ち着いて試合が出来たこと。危ないシーンもありましたし、相手が主導権を握る時間帯もありましたが、ゲームの流れを読みながら、流れに飲みこまれることなく、攻守に渡ってゲームをコントロールしようという意思が強く働いていた試合でした。

 また、個々の選手についても、光るものが多かった試合だったと思います。ジリジリする展開の中で見事に先制点を挙げた城後寿、テクニックが光る2ゴールを決めた成岡翔、プロ入り初ゴールを決めた木原正和、キム ミンジェの穴を埋めるどころか、左SBとしての存在感を発揮し続けた尾亦弘友希、好セーブを見せてゴールを守った神山竜一、そのほかの選手も随所に好プレーを披露。ピッチに立った選手全員が素晴らしいパフォーマンスを発揮し、それがチームの力となって手に入れた勝点3だったと思います。

 その中で、特に印象に残ったのが鈴木惇のプレー。中盤での汗かきプレーはもちろん、「今、チームとして何をすべきか」という意思を、ひとつ、ひとつのパスに込めてゲームをコントロールしていた姿に存在感を感じました。本人は、「前半は簡単なミスから押し込まれることもあったし、2-0になってから少し緩んでしまう時間があった。そこで、もっと自分がコントロール出来れば、もっと点数も入ったと思う」と課題を口にしますが、昨年、ひとつの壁を破った鈴木は、さらに新たなステージへ登りつつあるようです。

 そして、古賀正紘。「自分自身の出来はあまりにも良くなかった」と試合を振り返るのは、過去16年間に渡って高いレベルで戦い続けてきたプライド。本人の弁とは別に、彼が入ったことによる影響力は、この試合で充分に見てとれました。「今日は古賀さんの存在が大きかった。後ろから声も出してくれるし、古賀さんのプレーに触発されて、時央(畑本)も相手にガツガツ行っていた」と話すのは成岡翔。4試合ぶりの完封勝利に大きく貢献したこと間違いありません。

 しかし、徳島戦の完勝も終わった結果。いま福岡に求められているのは、どんな相手に対しても同じサッカーを表現するということです。「自分たちのサッカーが出来る試合と、出来ない試合がハッキリしすぎている。メンタル的な部分で、いい状態を保てるようにしないといけない」と成岡は話しますが、過去、歴代の福岡の監督、そして選手たちが最後の壁としてぶつかったのが、この部分。言いかえれば、どんな状況にあっても、変わらぬパフォーマンスを発揮できる強さを手に入れる戦いが、J1昇格レースだと言えます。さて、次節は東京V戦。この日と変わらぬサッカーを披露してくれることを期待しています。


【徳島-福岡プレビュー】生き残るのはどっちだ?

取材・文・写真/中倉一志

 Jリーグ2012年シーズンが始まって1カ月。まだ8試合しか消化していない段階で今シーズンの行方を云々するのは、あまり意味があることではない。もちろん、勝利を積み重ねるに越したことはないが、今は、シーズン前に確認した自分たちのスタイルの浸透度を深め、チームとしての完成度を上げることが何よりも大切。やるべきことを確実に積み上げていくこと。それが、中盤から終盤にかけての山場でモノを言うことになる。

 しかしながら、今日の戦いを勝ち抜けない者に明日がやって来ないのも勝負の世界の鉄則。特に、J1昇格を目標にしながら思うように勝点を積み上げられない福岡と徳島にとっては、何があっても勝点3が欲しい。その直接対決を前に神山竜一は次のように話す。
「ここで徳島を叩いておけば今後の昇格争いで優位に立てる。けれど、徳島は力のあるチーム、勝点3を与えてしまうと、勢いに乗りかねない」
 このままズルズルと下位に低迷するのか。それとも、上位陣に喰らいついて追撃態勢を整えるのか。両チームにとっては、今シーズン最初の山場と言える対戦を迎える。

 その試合で福岡に求められているのは、前節同様に安定した守備を見せることだ。守備組織、守備戦術という点で言えば、福岡は、まだまだ多くの物を積み上げる必要があるが、そのベースとなるのは、ディテールの部分にこだわり続ける姿勢。奪われたら素早くプレスバックする、攻守の切り替えをより速くする、最後まで体を寄せて相手を自由にしない等々、サッカーの基本と呼べる部分に、どこまでこだわれるか。それがあって、はじめて守備戦術が機能することになる。

 攻撃面においても、求められている物は変わらない。自分たちに流れがある時は、怖がらずに楔のパスを打ち込み、相手に流れがあるときは、守備に注力しながらカウンターを狙う。そして、カウンターを仕掛けるときはシュートで終わって打ち合いをしない。いずれも基本とも言える部分。そこにこだわり続けることが必要だ。鍵を握るのは、鈴木惇、末吉隼也のボランチコンビ。2人が、どれだけゲームをコントロールできるかで、勝負の行方が決まる。

 福岡は連敗を止めたとはいえ、まだ流れに乗っているとは言い難い。前節の引き分けが価値あるものだったのか、それとも勝点2を落としたものだったのか、それは、徳島戦の結果で決まる。悪い流れを断ち切るには勝利しかない。
「悪い流れの時は必ずあるが、それを出来るだけ短くすることが大事。そのためには、徳島戦では勝点3が必要。引き分けもいらない。サポーターに悲しい想いはさせたくないし、自分たちも野次は聞きたくない。チーム、フロント、クラブ職員、サポーター、そしてメディアの皆さんも含めて一丸となって戦い、最後は笑顔で終われるようにしたい。そのためには、まず、ピッチに立つ11人が厳しさを求めてやらないといけない」(城後寿)

 福岡にとっての徳島戦は、これまでの8試合で得た教訓をもとに、これからの戦いを上昇気流に乗って戦うための仕切り直しの1戦。勝利の二文字は譲れない。


【フットボールな日々】次節・徳島戦に向けて

取材・文・写真/中倉一志

 毎週水曜日。それが次節に向けての福岡の戦いの始まりです。午前中は激しくボールを追いかけ、午後はシュート系のトレーニングというのが一般的なメニュー。とことん追い込むのがいつものパターンです。18日も、午前中のメニューは、室内トレーニングと切り替えと動き出しを意識したボール回し、そして、午後は攻守に分かれての戦術練習と、密度の濃いトレーニングが行われました。別メニューながら山口和樹がピッチに姿を現したこともあり、28人全員が揃った雁の巣球技場は、いつも以上の気迫に溢れているように感じました。

 そして、午後の練習で特に力が入れられていたのが守備の部分。試合前日のシミュレーション以外では、ほとんどプレーを止めることがない前田浩二監督ですが、この日は気になることがあるごとにホイッスルを鳴らし、身振り、手振りで細かく指示を与えていました。強調されていたのは、相手との距離と角度。そしてチャレンジ&カバーと、スライドのスピード。何度も、何度も、念押しするように徹底させていました。

120419_02.jpg
120419_03.jpg
 バクスター監督の影響を受ける前田監督ですが、福岡に初めてバクスター的な物を持ちこんだのは前松田監督(現栃木SC監督)。その守備の特長を、次のように話していたのを思い出します。「現役の時、読売クラブと試合をすると、必死に動き回って、ついていって、くたくたになって、最後は簡単にやられていたのが、バクスター監督の指示通りに守ると、たった1メートル動くだけで、東京Vの選手たちが面白いように守備に引っかかった」。肝は、全員の無駄のないポジショニングと、一糸乱れぬ意思統一にあります。

 その最終形は、自分たちの意図した通りに相手をはめ込んで、そこでボールを奪い去る形。相手がボールを運ぶところが事前に分かっているかのように奪うところに真骨頂があります。いまの福岡の守備は、ボールを追いかけていることが多く、まだまだ、バクスター的な物には遠いのが現実ですが、組織で戦うことを標榜する福岡にとっては、J1で通用するチーム作りのためには欠かせない戦術。ディテールにとことんこだわって身に付けて欲しいと思っています。

 さて、そんな福岡にとって最大の好材料は、古賀正紘のコンディションが上がってきていることです。サッカーでは、守備があっての攻撃であり、攻撃があっての守備でもあり、チームのパフォーマンスは、互いが密接に影響し合った結果です。そのため、どこかに変化が起こると、それが様々な部分に影響を与え、チーム全体のパフォーマンスが大きく変わることがあるのもサッカーの特性。百戦錬磨の経験を持つ古賀が戦列に加わることで、どのような変化が生まれるのか。今から楽しみです。

120419_04.jpg 120419_05.jpg 120419_06.jpg



123456789101112131415161718192021222324252627282930 04