INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】転換期を支える日常の風景



 何とも言いようのないまったりとしたスタートになった鳥取戦でしたが、高橋泰、坂田大輔の2トップで演出したゴールが、ゲームの流れを完全に変えてしまいました(ゲームの詳細につきましては、J's GOAL をご覧ください)。当たり前のことではありますが、やはりサッカーにおいては、「決めきる力」が全てを支配するのだということを改めて感じた試合でもありました。これで5試合を終えて3勝1分1敗。「3月で勝点10」がチームの最低の目標だったようですが、まずまずのスタートを切れたと思います。

 さて、毎日のトレーニング、そして試合を通して、今年のチームには、過去にはなかった独特な空気を感じています。リラックスしているわけではなく、けれど、ピリピリと張り詰めた緊張感があるわけでもありません。だからと言って、程よい緊張感と適度なリラックスが入り混じった状態とも違います。上手く表現できませんが、そうしたものを越えた、何かを悟っているような自然体の空気。集中はしているけれど、相手に殺気を感じさせない空気。そういうものが雁の巣球技場を包み込んでいます。

「チームが勝利するために何をなすべきか」。これは前田浩二監督が、就任以来、選手たちに求めるチームの規範ですが、その徹底が今の独特な雰囲気を作り出しているように思います。その実践のため、選手たちはとにかく話し合っています。トレーニングメニューのインターバルで話し合うのは当たり前。紅白戦の合間には、ピッチのあちこちに2~3人の輪ができて、身振り、手ぶりを交えて問題点を確認し、どうすればいいのか意見を出し合う姿を見ることができます。

 日常的に、場所を選ばず、そして自然体で話し合う。誰かの意見を中心に会話がされるのではなく、1人、1人が意図すること、要求したいことを伝えあい、その中から何かを見つけようとする。過去のシーズンでも、選手同士が話し合うことは当然のようにありましたが、これほどまでに、ごく当たり前に話しあっているのは、私が練習を見るようになってからは初めてのことです。

 J2で優勝してJ1に昇格すること。そのために1人、1人が何をすべきかを考えること。それを実践に移すこと。日々のトレーニングを常に100%の状態で行うこと。それらは、今の選手たちにとって特別なことではなく当たり前のこと。当たり前のことを当たり前にやるという意識が、緊張感や気負いを消して、悟りの境地のような空気を醸し出しているのかも知れません。試合毎にチームが前進しているのを感じられるのは、こうした日常があるから。転換期にある福岡は、確実に新しい道を歩んでいます。

【お知らせ】
福岡発スポーツ情報誌「INSIDE」第8号(3/4号)絶賛発売中。是非、お買い求めください。ご購入方法は以下でご覧になれます。
http://insideweb.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
※バックナンバーは通信販売サイトからお買い求めください。


【J2第2節 町田-福岡】苦しみながらも2連勝

2012J2 第2節
2012年3月11日(日)13:04
駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
入場者数:4,286人 天候:晴
FC町田ゼルビア 0-1 アビスパ福岡
得点者:27分鈴木惇(福岡)

文・写真/中倉一志

 Jリーグで初めてのホームゲームを戦う日。この日、FC町田ゼルビアは特別な日を迎えた。一歩ずつ歩みを重ねてたどりついた夢の舞台。その記念べき日を自らのホームスタジアムで開催できないという無念さを感じながらも、それでも誰もが晴れやかな笑顔を浮かべている。ついにこの日がやってきた。様々な出来事を胸に抱きながら、そんな想いがスタジアム全体から感じられる。同時に、たどりついたゴールは新たな歴史へのスタート。このゲームでJリーグに最初の一歩を刻もうという意識は高い。

 その町田と戦うのはアビスパ福岡。Jリーグ参入17年目を迎える福岡も、今シーズンは監督を始めスタッフを総入れ替えしたことに加え、新加入選手10人を迎えて新たなチームとしてリスタートを切った。Jリーグでの歴史、経験で言えば町田を大きくリードするが、それだけで勝利が得られるほどサッカーは甘くない。前田監督も「相手のホームゲームで戦う試合。メンタル面で強い気持ちで臨まないといけない。全員が注意すべき相手」と警戒心を緩めない。

 試合は13:04にキックオフ。互いにボールを落ちつけられない時間帯を経て、主導権を町田が握る。最初の決定機は7分。平本一樹がドリブルで仕掛けた。その後も、13分、19分、そして20分と町田は立て続けにチャンスを演出していく。戦い方はシンプル。手間をかけずに早めに前線にボールを入れ、セカンドボールを拾って縦へ仕掛ける。前節の愛媛戦では、ほとんど何もさせてもらえなかったが、ホーム開幕戦ということもあって、全員がはつらつとアグレッシブにゴールを目指す。その町田の前に福岡は完全に後手に回った。

 さらに、ピッチコンディションの悪さが福岡から攻め手を奪う。グラウンダーのパスがポンポンと跳ね上がるピッチの上でボールコントロールに苦しみ、パスを思うようにつなげず、やがて守備のリズムも狂っていく。
 それでも、先制点を奪ったのは福岡だった。時間は27分。一瞬の隙をついて鈴木惇が左足を振り抜いた。「流れを引き戻すために力を抜いて打った。フィニィッシュに入る前の段階が出来ていなくて、ゴール前へ運んでフリーになったのは、あの場面くらいしかなかったので、ここはパスを出してカウンターを受けるよりはシュートと決めていた」(鈴木)。鮮やかな弾道を描いたボールがゴールネットに突き刺さった。

 その後も、自分たちのリズムで戦い続けたのは町田。しかし、福岡にとって、先制ゴールは精神的に大きな寄り所になったようだ。そして福岡は、0-1のまま試合を終わらせる選択をする。「パスをつなぐサッカーは難しいなと感じていたので、ハーフタイムに、みんなで割り切って戦おうと話していた」(木原正和)。町田同様に早めに前線にボールを放り込み、併せて、両SBの攻撃参加を控え、リスクを最小限に抑える。さらに、62分に高橋泰に代えて木原を投入し、裏へ走らせて町田の前へのパワーを減少させ、68分には成岡に代えて末吉をピッチへ送り出して、中盤を守備的な布陣に変えた。そして福岡の狙い通り、試合は0-1で終了。苦しみながらも福岡が開幕2連勝を飾った。

 90分間を通してみれば、試合の主導権を握っていたのは町田。後半も、60分、71分、75分には決定機を演出。ゴールチャンスは明らかに町田の方が多かった。しかし、クロスバーに阻まれ、右ポストにはね返され、そして、誰もがゴールだと確信した勝俣のシュートは、クロスバーを大きく越え、結局、ゴールネットを揺らすことができなかった。どれかひとつが決まっていれば、この日の結果は全く違うものになっていたはずで、町田にとっては悔やんでも悔やみきれないシーンだった。

 一方の福岡。開幕戦も、町田との戦いも、決して両手を上げて喜べるように内容ではなかったことは確かだ。しかし、それでも2試合を終えて手にした勝点は6。「引き分けでも仕方ない試合内容だったし、終始押されてもいたが、最終的に勝ったのはうち。そこは評価できる所じゃないかと思う」と高橋泰は試合を振り返る。リーグ戦は1年間の積み重ねで勝負する場所。苦しい展開に追い込まれた時に、どうやって勝点を積み重ねていくかを全員で考え、それを実行することでチームに本当の力と勢いがついていく。そういう意味では、1年でJ1復帰を目指す福岡にとっては上々のスタートになった。


【フットボールな日々】2012年型アビスパ 好発進!


文・写真/中倉一志

 積み上げてきたものをピッチの上で表現しながら現状の課題を明確にし、その課題を整理しながら次の試合に向かって新たな部分を積み上げていく。そして、その繰り返しの先にチームの成長と目標の達成がある。それが、今シーズンから始まった新しいアビスパが進んで行く道だと思います。「勝点3が取れた上に、現在の課題も明らかにすることができた」。これは開幕戦を振り返っての末吉隼也の言葉ですが、まずは上々のスタートが切れたと思っています。

 多くの方が感じているように、開幕戦の最大の収穫は前半にありました。前線から始まるプレッシャーと、それに連動する守備で狙いどころを定めてボールを奪う。そして素早い切り替えから、成岡翔を起点にして後方からキム ミンジェがオーバーラップを仕掛け、中央では坂田大輔、高橋泰が連携しながらゴールを狙い、大外からは城後寿が突っ込んでくる。これはチームが狙いとする攻撃の形で、城後が決めた2得点目は、まさに、この形から生まれたものでした。

120309_02.jpg
120309_03.jpg
 課題は後半の戦い方でした。これまで積み重ねてきたトレーニングからすると、高い位置でしっかりとボールをポゼッションし、前がかりにならず、そして引きすぎず、主導権を握った中でゲームをコントロールしながら3点目のチャンスを窺うのかアビスパのスタイル。しかし、前半に思った以上に行きすぎたために体力を消費したばかりか、前がかりの熊本の裏を狙って縦に単調な攻撃になってしまったために、ボールを落ち着かせることができなかったのが、リズムを崩した原因でした。

 試合後の記者会見では、後半に足が止まったことを問題にする質問もありましたが、ここまでの練習を見る限り、ペースダウンしたのは戦い方そのものに問題があるのではなく、自分たちが想定していた以上に飛ばしすぎてしまったことが要因。この日の課題である後半の内容は、決して重篤な課題ではないとも感じています。もちろん、楽観視はできませんが、チームとして作ってきたベースに問題はなく、試合を重ねながらチームを成熟させていく過程で、十分に修正可能ではないかと感じています。

 開幕戦は42分の1とはいえ、やはり感情の高ぶりは抑えきれず、どうしても硬さが見られたり、オーバーワーク気味になってしまうもの。気負ってしまうのはやむを得ない部分でもあります。そういう意味では、次の町田との対戦で、どのような戦い方を見せるのかが実は大事だと思っています。勝利を手にすることはもちろん、「攻守に渡って主導権を持って90分戦う」という自分たちが目指すスタイルを、どこまで表現できるのか。その点に注目したいと思っています。


【お知らせ】
福岡発スポーツ情報誌「INSIDE」第8号(3/4号)絶賛発売中。是非、お買い求めください。ご購入方法は以下でご覧になれます。
http://insideweb.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
※バックナンバーは通信販売サイトからお買い求めください。


スポーツ情報誌「INSIDE」第8号 3/4発売!!

P01.jpg P24.jpg   INSIDEは通信販売でお買い求めいただけます。
通販サイトはこちら image_2.png

「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」というキャッチフレーズでお届けしている福岡発スポーツ情報誌「INSIDE」。その第8号を以下の通り発売いたします。再生への道に向かって新たな戦いを始めるアビスパ福岡を始め、福岡jアンクラス、ライジング福岡、キューデンヴォルテクス等、福岡のスポーツシーンが満載。是非、この機会にお買い求めください。

 発売日:3月4日(日)・20日(火)
 場 所:レベルファイブスタジアム特設売店
 価 格:350円(24P フルカラー)
 内 容:以下の通り


  巻頭インタビュー 「不撓不屈」(神山竜一・アビスパ福岡)
  アビスパ福岡 「いま挑む 再生への道」
  福岡jアンクラス 「ゴール それぞれの想い」
  原稿用紙6枚の思い 「また特別な日がやってくる」
  INSIDE COLUMN 「挫折を糧に挑み続ける22歳」/「高校選手権に思う」
  キューデンヴォルテクス 「覚悟 ~魂の3日間」
  INSIDE EYE 「挑戦はまだ終わらない」(三原健朗・ブラインドサッカー日本代表)
  ライジング福岡 「バイプレイヤー」(石谷聡・ライジング福岡)
  ライジング福岡 「TRY TO WIN ONE FOR THE MIND」

 また、レベルファイブスタジアム以外でも、通信販売、ならびに下記書店でお買い求めいただけます。なお、発送作業の関係で、一部店舗での販売取扱が、発売日から数日後になることもありますので、あらかじめ、ご了承いただければ幸いです。

 ■通信販売(バックナンバー有)
 http://inside.cart.fc2.com/にアクセスして、ご利用ください。

 ■紀伊國屋書店
  福岡本店 〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街2-1 博多バスターミナル6F
  ゆめタウン博多店 〒812-0055 福岡市東区東浜1-1-1 ゆめタウン博多2F
  久留米店 〒839-0865 久留米市新合川1-2-1 ゆめタウン久留米2F
 ■福岡金文堂書店
  本店 〒810-0001 福岡市中央区天神2-9-110
  大橋駅店 〒815-0033 福岡市南区大橋1-5-1 西鉄名店街1F
  姪浜南店 〒819-0002 福岡市西区姪浜4-8-2 姪浜デイトス内
 ■Fanatica
  〒816-0053 福岡市博多区東平尾2-12-20-1



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03