INSIDE WEB

 

仲間のためのゴールラッシュ。作陽がベスト8に進出

0B7A2705 (2)

西森彰=取材・文・写真

インターハイベスト4の作陽(岡山)と、開志学園JSCのゲームは、降り出した雨の中、行われた。キックオフ直後は、開志ペースで始まったが、作陽の高い決定力が流れを一変させた。前半16分、初村和香のコーナーキックからのボールを長身の蓮輪真琴が競り、こぼれてきたボールを、森本紗也佳がしっかりと決めた。

その2分後にも、右からのサイドチェンジを受けた山田優衣が、再びファーサイドへ上げて揺さぶる。3人のDFに詰められた初村だったが、浮き球を強引にシュート。ブラインドから出てきたシュートに、GK高橋夏純も手に当てるのが精いっぱい。「今年の選手は、しっかり蹴れる選手が多い。特別なことはしていないので、それぞれの選手が自主練習で身につけたものでしょう」と作陽の池田浩子監督。その特徴が発揮された2点目だった。

さらに28分、蓮輪が蹴ったボールを高橋夏純がファンブルしてしまい、ふわっとした弾道に合わせて走り込んでくる作陽の選手の姿は、当然目に入っただろう。また、降り出した雨が影響した可能性もある。これまでの予選で、幾度となくPK戦でチームを救う働きを見せてきた守護神だけを責めることはできない。

0B7A2648 (2)

前半で既に3点をリードした作陽だったが、その後も攻撃の手を緩めることはなかった。前後半ともに記録されたシュート数は11本ずつ。おとなしくゲームを終わらせるのではなく、さらに追加点を狙っていく。もちろん、早く試合を決めたいという心理も働いていたが、それだけではなかった。

「『みんながみんなのために戦える』部分が今年のチームの強さだと思っています。仲間のためにということを考えて、みんなが力を出してくれるチームワークには自信があります。『点差をつけることで、ふだん試合に出られない選手でもチャンスを与えてもらえる』というのはみんなの頭にあります」と主将の蓮輪。

ハーフタイムを挟んで盛り返した北信越女王の反撃も鋭く、山岸夢歩、石川くらら、間宮あさひらが決定機を迎えたが、作陽はGK中村香苗がビッグセーブを連発し、無失点に抑えた。奮闘の報酬として、山田愛葵、中村萌愛、神田絢音とベンチスタートを強いられた作陽の選手が、次々にピッチへと出ていく。「入ってきた選手に自信を持ってプレーしてもらうのが、自分の役目だと思っている」蓮輪をはじめ、ポジションチェンジしたレギュラーも各自の役割をこなしていく。


0B7A2662 (2)

そして71分、4人目の交代選手として高橋萌々香が呼ばれた。

「県大会、中国大会であれば、十分にレギュラーで出せる選手。ただ、全国のトップレベルを相手にした時には、なかなか試合に出してあげられない選手なんです。人柄もいいし、日頃から努力をしていることも知っている。でもそれをわかっていても、なかなか使ってあげられない歯がゆさがありました」

池田監督が「出してあげたいけれど、出してあげられなかった選手」だ。テクニカルエリアの一番前に出て「とにかく萌々香にボールを集めて、シュートを打たせろ!」と指示を送った。そして、アディショナルタイムに、チーム全員が待ち望んでいたゴールが生まれた。左サイドでボールをつなぎながら、前に進み、ラストパスはニアサイドに詰めていた高橋萌々香の足下へ。左足で放ったシュートは、後半、好セーブを続けてきた開志のGK高橋夏純が伸ばした両手の先を転がり、ゴールネットを揺らした。

完全に勝負は決していたが、そこで生まれた4点目がまるで決勝点であるかのように、チームは歓喜した。疲れを忘れたかのように、他の選手が駆け寄って祝福の輪を作った。そこから抜け出した得点者が、ベンチの池田浩子監督に抱きつく。教え子を抱きしめた指揮官の目にも涙が浮かんでいた。


0B7A3072 (2)

「いい結果を出せてよかったと思います。(他の選手にも『高橋たちを出したい』)そういう思いがあったんで、あのパスに至ったんじゃないかな。個も大事なんですが、最後にチームとして、戦えたんじゃないかなと思います。3年生は、このチームでは1月7日で終わってしまいます。その先も人生は長いですし、サッカーを続けて欲しいし、サッカーを好きでいてほしいと思います」(池田監督)

1月2日に行われるベスト8は、一昨年、苦杯を喫した東の大将格・修徳(東京)が相手だ。「自分たちがやってきたことを出せれば、勝てないことはない」と蓮輪。頂点を目指す上で、大きなゲームになりそうだ。

B3 レギュラーシーズン第1節 第1戦終了後のコリアー・セントクレアHC(埼玉ブロンコス)コメント


【中倉一志=取材・構成・写真】
2016-2017 B3レギュラーシーズン第1節 第1戦
日時:2016年11月12日(土)18:00 TIP OFF
場所:福岡市民体育館/1,886名
結果:ライジングゼファーフクオカ 89-73 埼玉ブロンコス

◎コリアー・セントクレアHC(埼玉ブロンコス);
Q:試合を振り返って
「今日はすごくタフな試合でした。そして福岡は、やはり素晴らしいチームでした。そして、我々は若いチームで、いま非常に重要な時期に差し掛かっていると言えますが、前回対戦した時と比べれて成長してきていると思っています。残り5分になった時に71対67まで追い上げることができたのも、我々がいま成長している証だと思っています」

Q:残り5分で4点差まで追い上げて、流れはブロンコスにあったと思いますが、終わってみれば16点差の敗戦。どこに問題があったのでしょうか?
「残り5分の戦い方については、我々が若いチームであるということを露呈してしまったというか、メンタル面での弱さが出てしまったところがあります。アウェイの試合で勝つためには、メンタルが強くなければいけません。そういった部分を向上させて、もっと、いいチームになっていければと思っています」


さらなる発展を願って スペシャルオリンピックス


取材・文・写真/武丸善章
大会最終日となった3日、アクシオン福岡では体操競技の他、バレーボールで熱戦が繰り広げられた。

体操競技では、ゆか、平行棒、平均台、跳馬の4種目が行われた。観客や周囲の選手から「頑張れ」の激励の言葉を受け演技を始めるゆかでは、美しさの中に力強さが垣間見えた。 バレーボール競技では、京都対東京の決勝戦が行われ、京都が接戦をものにした。 優勝を決めた京都の選手たちは喜びを爆発させた。それでも記念撮影の際は両チームで一緒に笑顔で収まり、互いの健闘を讃えあった。

競技が終了すると表彰式へ。「全員表彰」が特徴のスペシャルオリンピックス。順位関係なく皆表彰台へあがる。メダル・リボンの贈呈が終わるとボランティア、コーチ、家族がアスリートを迎え、必ずハイタッチ。アスリートと支える人々の近さ、そして温かみが強く伝わってきた。

午後4時30分からは同会場で閉会式。アスリート代表挨拶で、新潟県の水泳選手である岩崎選手は「福岡の地で自分の力を思う存分発揮し、ベストを尽くすことができた。大会を支えてくれたボランティアの方々、関係者、コーチ、応援してくれた皆さんに感謝します」と述べ、福岡県の馬術選手である青木選手は「これからも楽しくスポーツができ、昨日の自分に勝つことができるように練習に励みます」と力強く宣言した。

今大会の大会実行委員長である元福岡市長の山崎広太郎氏は「素晴らしい天気で最終日をむかえることができた。アスリート、ボランティア、関係者の熱意で盛り上げてくれた。改めてアスリートの大きな可能性を感じた」とアスリートをはじめ関係者の労を労った。 閉会式の中では、地元の「竹下太鼓」や「JOY倶楽部」がアトラクションで会場を盛り上げた。

元オリンピックマラソン代表で大会会長を務める有森裕子氏は今大会を振り返り、「まだまだ知名度は低いところもあるが、今大会は大きな意味を持った大会だった。駐日大使がケネディー氏で来年行われる世界大会は本場のアメリカで開催される。こんな機会はない。日本にとっては大きなチャンスになる今大会であった。今大会を活かしさらに頑張っていきたい」と述べた。また、「障がいを持っているだけでできないと固定観念を持たれていることが現実。できないのではなく、チャンスをもらえていないだけ。チャンスをもらえれば今後素晴らしい可能性を見いだせる。スペシャルオリンピックスを通して多くの人に支えていただくことをお願いしたい」とメッセージを発信した。

そして「毎大会ごとに新しいドラマが生まれている。アスリート一人一人の感動や支える家族の愛情をいつも感じる。マークを見ればスペシャルオリンピックスと誰でも分かるまでに知名度を上げたい」と話すのはスペシャルオリンピックスのドリームサポーターを務める森さん。日本、そして世界へスペシャルオリンピックスの素晴らしさを発信し続けていく。

スペシャルオリンピックスはアスリートだけでは絶対に成立しないものである。まだまだ日本は、ハード面、ソフト面の両面でアスリートを支える力が弱い。今後、日本各地で支援の輪が広がり、次回の冬季ナショナルゲームが開かれる新潟大会がそして、知的障がい者スポーツがさらなる発展していくことを期待したい。


知的障がい者スポーツの祭典 福岡で開幕

福岡の街に初めての祭典が訪れた。オリンピックと同じ4年に1度開催される知的障がい者スポーツの祭典「第6回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・福岡」が去る11月1日に開幕。同大会は1995年に熊本県で初めて開催され、福岡県では初開催となる。2日には、福岡県内各地で競技がスタートした。陸上競技が行われている博多の森陸上競技場には、大会会長を務める有森裕子さんやスペシャルオリンピック創始者であるユーニス・ケネディ・シュライバーの姪にあたるキャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使などが応援に駆けつけた。

50m走、100m走、1500m走の種目が行われるなか、アスリートの懸命な姿を見守ったケネディ氏は「20周年という節目のナショナルゲームに参加できて嬉しい。アスリートからインスピレーションを受けた。競技に参加する人はそれぞれ特別な思いを持っていることを改めて心に刻んだ」と笑顔を交えながら語った。

博多の森テニス競技場では、テニス競技が行われた。テニス競技は個人技能競技とシングルスに大きく分かれている。個人技能競技とは、対戦相手が存在するのではなく、記録に挑戦するものである。サーブやボレーなどの7種目に各選手が挑戦し、コート内に入った回数を得点化。7種目の合計得点により競い合うルールである。どのような障がいを持ったアスリートでも競技に参加しやすいように配慮されている。

さて、全国から984名のアスリートが集まり熱戦が行われている今大会。ティモシー・シュライバースペシャルオリンピックス国際本部会長は「アスリートの皆さんに特別な感謝を示したい。この場で経験したエキサイティングな気持ちが人間として認識している以上に素晴らしい存在であることに気づかせてくれる」と今大会の意義について語った。また、今大会に無くてはならない存在が約4000人が参加しているボランティアである。「ボランティアの人は一つの教訓をその行為を通して得ている。いろいろな人の違い、勇気に関して学び、スポーツを提供する喜びについても学んでいる」とシュライバー氏は表現した。

両会場を取材する中で気づいたことがある。それは、スポーツが健常者と障がい者の間にある大きな壁をいつの間にか取り除いてくれるということである。健常者と障がい者が分け隔てなくスポーツを楽しむ。そんな文化が日本に根付く大きな一歩になるのではないかと強く感じた。


毎月月始は「焼酎BAR修斗」より公開生放送!

140930_03.jpg

INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。毎回、素敵なゲストをお迎えして、アビスパ福岡情報とともにスポーツの魅力をお届けします。次回の放送日は10月1日。アビスパサポーターにはお馴染みの「焼酎BAR修斗」より、公開生放送でお送りします。

【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka1309
【10月1日放送内容】20:00~
 1.オープニング
 2.アビスパ福岡特集(9月の振り返り/20周年を迎えて)
 3.告知、他

 MC/中倉一志(オフィスイレブン)
 焼酎BAR修斗/福岡市中央区今泉1-23-4 新天神ビル2F
         TEL 092-724-0690

10月1日のテーマは、アビスパ福岡特集。9月の戦いの振り返り、残り8試合の展望、そして20周年を迎えたアビスパの歴史等々、アビスパ福岡情報満載でお届けします。なお、過去に配信した番組につきましてもアーカイブでご覧になれますので、ぜひ、お楽しみください。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
 Twitter acount @nakakurahitoshi
 FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下のアドレスへメールにてお願いします。
 inside-fukuoka@office-eleven.co.jp



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01