INSIDE WEB

 

国立を目前に散った履正社。四中工粘りの4強入り

140115_11.jpg

第92回 全国高校サッカー選手権大会 準々決勝
日時/2014年1月5日(日)14:10 kick off
会場/浦和駒場
結果/履正社 1-1(前半0-0、後半1-1)、PK5-6 四日市中央工
得点者/[履正社]石川玲(62分)、[四中工]後藤凌太(80+2分)

3回戦で北の名門、青森山田を退けた履正社。その試合では、大阪や関西の公式戦で見ることの少ない「赤」のユニフォームを身に着けての勝利だった。それだけに、験(げん)を担ぎ、かつ対戦相手四中工の「白」に配慮したかのように、この日も履正社は「赤」を纏(まと)って登場した。

履正社・平野直樹監督は奇しくも四中工OB。母校との対戦であり、先輩である四中工・樋口士郎監督との対戦でもある。平野監督自身は高校時代に選手権に出場し、準決勝まで勝ち進んだのだが、その年は決勝のみが国立開催で、準決勝は駒沢競技場開催だったという不運な経験をもつだけに、ことさら「国立」へのこだわりの気持ちは強い。

1回戦から勝ち上がってきた両チーム。四中工のここまでは3-2矢板中央、2-0帝京第三、1-0桐光学園。履正社の方は2-0秋田商、1-0徳島市立、1-1・PK5-4青森山田。1日休養したとはいうものの、ともに6日間での4試合目。心身両面で疲労は相当なはずだが、今日は「国立」という大きな目標が手を伸ばせば届くところにある試合。その思いが最後の最後にドラマティックな展開を生むことになる。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01