INSIDE WEB

 

アウェイの旅2015 磐田編(その2)


中倉一志=取材・文・写真】
ヤマハスタジアムのフードコートは、スタジアム正面ゲート前広場に大きく広がっている。Jリーグのスタジアムでは、アウェイユニやグッズを身に付けたサポーターは、アウェイエリアから出られないスタジアムも多いが、ヤマハスタジアムのフードコートへの出入りは誰でも自由。磐田サポーターで溢れるフードコート内だが、アウェイサボの姿も見られ、チームを超えた交流を楽しむサポーターも多い。かくいう私も、久しぶりに会った磐田サポーターと、しばしサッカー談議に興じる。

そして、この日選んだスタ飯は「シラス丼(500円)」。地元産遠州コシヒカリに地元福田港でとれた釜揚げシラスをのせたもので、お好みで醤油ダレをかけていただく。丼は思い切って頬張るのが基本。ふんわりと炊かれたシラスと、地元産のお米を多めにとって口の中に放り込むと、なんとも優しい美味しさが口の中に広がっていく。特別なインパクトはない。けれど静かに胃袋を癒してくれる。「シンプル イズ ベスト」とは、まさにこのこと。日本人に生まれて良かったと実感する味だ。

150513_02.jpg
150513_03.jpg

さて、磐田の町も少し紹介しておこう。今回は日帰り遠征のため、あちこち歩きまわることは出来なかったが、昨年訪れた時に見つけたお店が和菓子の「甘泉堂」。創業は1950年。磐田駅からジュビロードを少し歩くと左側に見えてくる。「おはぎ」の文字に連れられて中へ入ると、店内右側に磐田グッズがズラリ。思わず、福岡から取材に来たことを伝え、お店のお母さんとしばらくサッカー話で盛り上がる。磐田のこと。福岡のこと。Jリーグのこと。こんなことが出来るのも町にサッカーがあるからだ。

そして、磐田名物「おもろ」を探して町の中を徘徊する。「おもろ」とは豚足を甘辛い醤油で煮つけたもの。磐田市内には「おもろ」を利用した「おもろカレー」なるものを出す店が数点存在しているようだ。しかし、昨年は日曜日開催の試合だったため、ほとんどの店は店休日。そこで町のお肉屋さんの総菜コーナーでゲットした。九州でも焼いた豚足は一般的に食されるが、甘辛いたれで煮込んだ豚足も、また違った食感で楽しめる。

150513_04.jpg
150513_05.jpg

さて、ヤマハスタジアムでの初勝利を祝しての1人祝勝会は浜松で。この日、多くのサポーターは浜松名物ウナギに舌鼓を打ったようだが、そんな高級なものは私には似合わない。当然のように選択は「浜松餃子」。既に知られているように、地元住民はこよなく餃子を愛し、宇都宮と消費量で全国1、2位を争う。せっかくなので有名店まで足を運んだが長蛇の列に断念。代わりに駅から徒歩1分の日本餃子協会認定の店「浜松屋呑兵衛」の暖簾をくぐった。

浜松餃子は、円型状に並べて焼いた餃子の中央に、ゆでもやしを付け合わせるのが一般的。その発祥は、昭和30年代はじめに中国からのひきあげ者が浜松駅周辺で開いた小さな屋台がきっかけだそうで、フライパンで少しでも多く餃子を焼くために円型に並べたことが始まり。当然、中央には丸いスペースが出来るので、それを埋めるためにもやしが盛りつけられたらしい。野菜たっぷりの餃子は軽い食感でいくらでも食べられる。写真は中(12個)だが、大でもぺろりと平らげられそうだ。

150513_06.jpg
150513_07.jpg

そして遠征の締めは、なぜか立ち食いそば(汗)。以前から気になっていた浜松駅の新幹線への乗り換え改札のところにある店に飛び込んだ。初めて立ち食いそばを食べたのが何時だったかは忘れたが、その時の衝撃的な美味さが記憶に残り、以来、立ち食いそばは私の大好物のひとつになっている。関東、特に東京では、これでもかとばかりに立ち食いそば店が点在するが、福岡にはないことも私の立ち食いそばへの愛情を深める原因になっているのかもしれない。「蕎麦屋」ではなく「立ち食いそば」だからこその味がある。

今では、立ち食いそばでも新そばを出す店や、生麺をゆでる店も増えたが、立ち食いそばは、チープであることこそが最大の魅力。かつては逆二八そばと呼ばれた時代もあったが、それこそが立ち食いそばだ。甘辛い汁に、揚げ立てではない天ぷらと玉子の組み合わせがベスト。汁をそそり、そばを一口。そして汁に温められて柔らかくなったかき揚げを口に運ぶ。玉子は最後まで残しておいて、最後の一口になった麺と絡めて一気にそそる。いやあ大満足。勝利の喜びとともに浜松を後にした。(了)


アウェイの旅2015 磐田編(その1)


【中倉一志=取材・文・写真】
年がら年中飛行機に乗っていると、交通機関の価格破壊がここまで来たのかと実感する。いまや、東京までなら、LCCでなくても10,000円前後で航空券が入手可能。少しばかり工夫すれば、飛行機利用で往復20,000円を切ることさえある。値段、移動時間、移動に伴う食事等々の諸経費を含めれば、いまでは、一番コストパフォーマンスが高いのは飛行機になった。私がアウェイ遠征を始めた頃(2004年)は、最も安い交通機関は夜行バスだったが、いまでは滅多なことがなければ夜行バスを使う理由が見当たらない。

ところが、中部地方への遠征には、この理屈が通じない。割安感のある航空機チケットは少なく、どんな交通機関を使ったところでトータルコストに大きな差が生まれない。結局のところ、いつも磐田行きに利用するのは、博多-浜松間の「のぞみ早得往復切符」で、料金は往復で33,940円。今シーズン、交通費だけで往復30,000円を超える遠征は磐田以外にはない。移動時間と、それに伴う費用は、福岡からの距離に比例しない。これは長年の遠征で学んだことだ。

150512_02.jpg
150512_03.jpg

けれど、福岡から磐田への旅が、他の遠征に比べて劣っているというわけじゃない。むしろ、のんびりと列車で行く旅は私の好みでもある。約2時間の試合のために費やす往復の移動時間は8時間。それは非日常の空間と時間。日頃終われている様々なものから解放されて、ただ好きなチームの事だけを考えられる。これほどの贅沢は他を見渡しても、そうそう見つけられるものじゃない。そして、列車の中にネイビーを身に付けた人を見つけては、自分と同じ仲間がいることに思わずニヤリとする。

浜松駅で新幹線を降りると、アウェイの北九州戦で出会ったサポーターとバッタリ。「今日は勝ちたいですね」と言葉を交わす。浜松から興津行の電車に乗り換えると、レベルファイブスタジアムで顔見知りのサポーターと隣合わせになる。「今日は(中村)航輔が先発ですよ」。スマホでJリーグ系サイトをチェックしながらメンバーを確認。それぞれの情報を交換し合って、試合の展開に想いを馳せる。アウェイ遠征の楽しみはスタジアムだけにあるのではない。家を出てから家にたどり着くまで。そのすべての時間に心が躍る。

150512_04
150512_05.jpg

そして、シャトルバスを乗り継いでヤマハスタジアムへ。まずは、いつものようにフードコートを歩き回って、浜松らしいものを物色。そしてゴール裏へと足を運ぶ。GW中ということもあって、多くのサポーターが足を運んでいる。いつもレベルファイブスタジアムで一緒になる仲間。アウェイでしか会えない仲間。そして初めてアウェイの地に足を運んだ仲間。みんなサッカーがなければ出会うことがなかった仲間たち。そんな彼(彼女)らと、同じ空間にいる心地良さを感じる。

13:04。いよいよキックオフ。アウェイ側ゴール裏からのチャントを耳に、記者席からピッチに念を送る。試合開始直後は、自分の目の前に設定されていた最終ラインが、ほどなく10~15メートルほど下げさせられる。思っていた通りの厳しい試合だ。前半は守備に追われる展開で終了する。しかし、後半が始まると福岡は積極果敢に前へ。そして51分に酒井宣福のゴールが生まれる。思わず小さな声で「よしっ!」と口にすると、隣にいた記者に睨まれた(汗)。

150512_06.jpg
150512_07.jpg

その後は、猛攻を繰り出す磐田と、体を張って跳ね返す福岡という展開が続く。試合のポイントをメモしながら手元の時計を確認する回数が増えて行く。そしてラストプレー。反対側のゴール前での混戦の様子は良く見えない。磐田サポーターの歓声に「失点か?」との想いが頭をよぎる。しかし、それに続く溜息のようなどよめきに、中村航輔がボールを抑え込んだことを知る。そして、ヤマハスタジアムに鳴り響くホイッスル。福岡は首位・磐田に勝利した。だが記者席では平静を装う。ここはアウェイのスタジアム。私にも多少の分別はある。

取材を終えてピッチに足を向ける。つい1時間前まで歓声に包まれていたスタジアムは、まるで何事もなかったかのように静かに、そして厳かに佇んでいる。スタジアムは何も語らない。だからこそ、勝者の喜びも、敗者の悔しさも、そして、ここで起こったすべての出来事を、ただ黙って飲み込む懐の広さを感じる。どこか優しく、どこか物悲しく、独特の雰囲気を醸し出す試合後のスタジアム。それもまたサッカーの魅力のひとつだ。そして福岡への帰路につく。道中に思い浮かべるのは次の試合のこと。地元に「俺が町のクラブ」がある限り、サッカーの楽しみは続いていく。(続く)


大切なことは継続すること(阿部 巧)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容:練習後の個別取材
日時:2015年5月10日(土)
場所:雁の巣球技場

◎阿部 巧選手;
Q:栃木戦は引き分けでしたが、決して悪い結果ではなかったように思います。
「前半の入り自体は、そんなに悪くなかったですし、0で抑えられたこと、アウェイで連戦の最後を乗りきれて10戦負けなしという結果を得られたという部分に関しては、そんなに悪く捉えるというところではなかったですけれども、ここまで全試合で得点を取れていたのが止まったという意味では、もう1度、1からしっかりと点が取れるようにしていかなければいけません。ただ、前回の群馬戦のように4点という大量得点を取った後の試合というのは、逆に難しくなるところでしたし、そういう中でも継続して、いい内容でやれれば良かったかなという反省もありますけれど、そんなに下を向くことはないと思っています。守備のところではピンチは多かったですけれども、0で抑えられたということは継続して、攻撃のところでは、また点が取れるように、休み明けから取り組んでいきたいと思います」

Q:攻撃というところでは、群馬戦では阿部選手のアシスト、ゴールもありましたし、栃木戦でも阿部選手の惜しいシーンがありました。阿部選手の運動量、フリーランニングが、チームの中で活きるシーンが増えてきたように感じます。
「クロスに対して多くの枚数が入るということも出来ていますし、群馬戦では自分が中へ入っていくことによって、自分たちの強みであるタカさん(中原貴之)のところがフリーになって決められるシーンもありましたし、逆に、栃木戦では、相手がタカさんのところに寄っていくことによって自分がフリーになったりするシーンもありました。ウイングは運動量も非常に求められますけれども、クロスが入った時には何かが起こることも非常に多いので、これからも、そういったところはやっていければと思っています」

Q:結果を出しているだけではなく、試合毎に内容が良くなるのを感じます。チームは、どんなところが一番変わりましたか?
「やはり、しっかりと0で抑えられる試合が増えたというのが一番大きいかなと思いますね。去年の後半も、点は取れていましたけれど、失点というところでは、0で抑えられる試合があまりなかったし、去年も4連勝した時は0で抑えられる試合が多かったですし、やはり、0でしっかりと守れているというところがチームが良くなっている要因としてあると思います。また、ひとつのボールに対して、多くの選手が関われているというのもありますね。例えばクロスひとつにしてみても、去年であれば、逆サイドの選手が中へ入ってくるというのは、そんなに多くはなかったですが、今年は、そういったところも増えてきたし、全体的に、攻守ともにいい方向へは進んでいると感じています。けれども、これを年間42試合通して継続性を持ってやれないと、最終的にいい順位には入れないと思います。3連敗した後から比較的良くなってきているので、いまは、それを少しでも長く継続出来ればと思っています」

※この記事は、WEBマガジン「football fukuoka」から転載したものです。
football fukuokaとは、アビスパ福岡の情報に特化したwebマガジンで、監督・選手コメント、試合レポート、練習場レポート、ショートインタビュー等、アビスパ福岡の情報をデイリーで発信しています。是非、アクセスして、お楽しみください。



引いた相手をどう崩すか(中村 北斗)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容:練習後の個別取材
日時:2015年5月10日(土)
場所:雁の巣球技場

◎中村 北斗選手;
Q:負けなしを10試合に伸ばして、少しずつチームは良くなっているように感じます。
「昨日(栃木戦)に関しては、引いた相手に対して、どうやって崩すかというところが課題でしたね。いま、負けなかったり、勝ちながら修正出来ている部分はあると思いますが、そういう課題が岐阜にしても、昨日の栃木にしても、多少見えてきたと思います。上のチームに対しては、相手が出てくる分、そこで走りかったりしてチャンスを作っていることが多く、その流れの中で点を決めて、最後は守りきってという勝ち方が出来ていると思うんですけれどね。そんな中で、昨日の前半の入り方とかは良かったと思うし、クリアにするようなボールもつないだり、相手が蹴ってくるところを自分たちで落ち着かせたり、そういう流れで戦えていたと思うし、サイドチェンジを使って相手を広げたり、連戦のきつい中で、相手をよりきつくさせるような戦い方は、多少は出来ていたと思いますね。ただ、後半の入り方で、自分たちのミスから相手にカウンターを許す場面があって、それで相手に流れが行ってしまい、相手のラインが高くなって、こちらは下げざるを得なくなってしまって、効果的に出て行きながら枚数を増やす攻撃というものが、後半はなかなか上手くいきませんでした。最後は、アウェイで勝点1を取って帰るということを考えながらやっていましたが、前半のような戦い方をしていれば問題はないという感じはありました。ただ、全体的には負けゲームのように見えたかも知れませんね」

Q:前半が終わった段階では、あとはどこで点を取るかだけだと見ていました。
「相手が結構引いていて、クロスを入れても人数が揃っていたので、最後のところで1対1を仕掛けたり、相手を1枚剥がすような動きがないといけなかったですね。群馬戦では、(金森)健志が、結構、仕掛けていたので、それでサイドが空いて、あとはシュートだけでいいという状況が作れていましたが、やはり、誰かが仕掛けないと、なかなかそういう状況が生まれないというのは感じましたね。自分も、もう少し仕掛けたいなというのがあるし、けれど、まだ少し体が重たいなと感じていて、それを早く良くしていかなければいけないというのが自分の課題でもあるし、取り組んでいきたいところでもありますね。ボールを持てるようになって、高い位置でボールをもらえるようなところまでは来ているので、最後のところで、もうちょっと力が使えるようになれば、もう少し簡単に得点シーンが作れると思います。昨日(栃木戦)も、2、3回くらい、自分のところで剥がせればチャンスになるという場面がありましたから。前半のようにボールを回しながら攻めるという時に、最後にサイドが突破したり、1枚剥がしたりすることで、他のところがズレてくると思うので、そういうところは、もっと取り組んでいきたいです」

Q:守備はかなり安定してきていますが、守備面で感じる課題のようなものはありますか?
「チームのバランスが崩れたというよりも、個人のミスでピンチになっていることが多いので、もう少し、チーム全体でミスもあるということも想定してプレーする、ミスをした選手だけのせいにしないで、チームとして対応しなければいけないという感じは、ちょっとしますね。結局、いまは、それが原因でシュートまで行かれたりすることがありますが、ミスをするかも知れないということも考えて、自分自身も含めて、ポジションを取らないといけないと思いますね。大丈夫だろうと思っていたら「あれ?」ということが多いし、失点になっているのは、結構そういうところです。例えば、サイドで人数が足りていて大丈夫だろうと思っていたら大丈夫じゃなくて、剥がされた時に、中は枚数が足りているけれども、最後のところで付き切れずに「誰だ?」という感じで失点したり、崩されたという感じはないのに、そういうところで失点していますよね。チームとしてバラバラになるという感じはないけれど、その選手がミスしたからという感じにもせずに、全員が、ミスがあるかもしれないということを想定して、90分間、常にアラートにポジションを取りながらやらないといけないなと思いますね」

Q:この厳しい5連戦で3勝2分という結果はいい結果だったと思います。何よりも、試合をするたびに良くなっているのが印象的です。
「そうですね。10戦負けなしで、結局は開幕の3連敗だけですからね。まあ、底を見てからのスタートだったし、自分たちも、メチャクチャいいと過信するほどの内容でもないし、何がいいのかということについて、まだハッキリと突き詰められているわけではないと思うので、それが却って、いい方向に行っていると思います。こうやれば負けないだろうというのは、多少はあると思いますが、こういうサッカーをすればいいという確信を持つところまでは、多分、まだいっていないと思います。ですから、そういうところを更に突き詰めながら、蹴ってくるチームに対して、昨日(栃木戦)の前半のように、蹴らずにつないで、効果的に休めたり出来れば、自分たちのペースに持っていけるというのもあるので、自信を持ってつなげばいいと思います。栃木戦では、後半のつなぎのミスから相手のペースになって、そこからつなげなくなってしまいましたが、ミスはみんなでカバーすればいいという感じでやればいいところで、つなぐのを止めてしまうと、昨日のようにリズムを変えることができないままに、30分、40分やってしまって、打ち合いのような感じになってしまいます。まあ、ラスト10分とかに、そうなるのは仕方ないと思うんですけれども、そうなるのが早かったですね。上手くいかないことがあっても、びびらずにやっていけたらと思いますね」

※この記事は、WEBマガジン「football fukuoka」から転載したものです。
football fukuokaとは、アビスパ福岡の情報に特化したwebマガジンで、監督・選手コメント、試合レポート、練習場レポート、ショートインタビュー等、アビスパ福岡の情報をデイリーで発信しています。是非、アクセスして、お楽しみください。



【フットボールな日々】ターニングポイントに出来るか

取材・文・写真/中倉一志

 今日は北九州、群馬、千葉と続く3連戦の最終戦。選手にとっては蓄積する疲労との戦いでもありますが、「リーグ戦で疲労は言い訳にならない。疲れているのなら、そうでない選手がプレーすればいいこと」とマリヤン・プシュニク監督は涼しい顔。古賀正紘も「このサッカーをやっていればきついのは当たり前。ハードワークなしには、このチームは勝てないということは全員が分かり切ってやっている。(きついのは)当たり前として捉えている」と話します。そして、その言葉を証明するかのように、雁の巣球技場には、平然とピッチの上を走りまわる選手たちの姿がありました。

 さて、いまチームは新しい変化の時を迎えているように思います。選手の中に自分たちが志向するサッカーに対する自信が深まって来ているからです。「どのように戦えば勝てるのかというイメージが共有できている」と話すのは岡田隆。北九州、群馬との連戦で、前線からのアグレッシブなプレスと、奪ってからの縦に速い攻撃を実践し、さらには、試合終盤の苦しい時間帯を粘り強く戦かって勝利を得たことで、自分たちが何をやるべきかが明確になったと選手たちは口を揃えます。

 プシュニク監督も手応えを感じているようです。
「選手たちには、自分たちが、どのクラブにも勝てるんだということを気付いてほしい。もっと、もっと、チームを信じ、いまの自信をさらに大きくしてほしい。けれど、ひとつになってトレーニングを重ねる中で、私がやろうとしていることを、選手たちが少しずつ、少しずつ、理解してくれるようになっている。その点については、スポンサーの皆さんやサポーター、そして、アビスパに関わる人たちにも気づいてもらいたい」

 その中で迎えるアウェイの千葉戦。プシュニク監督は、選手たちの背中を押すように話します。
「千葉は偉大なる伝統のあるチーム。いい選手も、いい監督もいる。けれど、それは机上の話でしかない。ピッチの上にあるのは11人と11人が戦うという事実だけだ。我々は自信を持って戦わなければならない。我々は千葉に勝点3を取りに行く。2連勝の勢い?それは関係ない。我々は引き続きハードワークするだけ。2連勝したからと言って空の上を歩いているわけではない。我々は地に足を付けて歩いている」

 プシュニク監督は、来日以来「チームが変わるには100日が必要」と言い続けてきました。そして、間もなく100日を迎えるにあたって、「それが実際のところ80日になるのか、それとも120日になるのか、そのスピードは選手たちにかかっている」と話します。それが試されるのが千葉との試合。言わば序盤戦のターニングポイントとも呼べる試合です。ここまで積み重ねてきた小さな変化を、より大きな変化にするために、しっかりと結果を出して欲しいと思っています。



123456789101112131415161718192021222324252627282930 06