INSIDE WEB

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REBORN:コカ・コーラウエストレッドスパークス 2年ぶりのトップリーグ

130121_01.jpg 取材・文・写真/中倉一志

 トップチャレンジ1は、第2節を終えてコカ・コーラウエストレッドスパークスが勝点10で首位。以下、クボタスピアーズ(同6)、豊田自動織機シャトルズ(5)、三菱重工相模原(1)と続く。トップリーグへの自動昇格権が与えられるのは2位以内、いずれのチームにも自動昇格の可能性が残される中、それぞれのチームが、それぞれの想いを乗せて最終節の戦いに臨む。そして、第1試合でクボタが40-17で三菱重工相模原を下して2位以内を確定。残り1枠の自動昇格権をかけて、コカ・コーラウエストレッドスパークスは、豊田自動織機シャトルズと対戦した。

 最終節を残して、参加4チーム全てにトップリーグ自動昇格の可能せてを残していたトップチャレンジ1は20日、レベルファイブスタジアムで最終節を行った。  第1試合はクボタスピアーズ(勝点6)とが三菱重工相模原(同1)の対戦。試合は立ち上がりから押し気味に試合を進めるクボタスピアーズが着々とトライを重ねて最終スコアは40-17。勝点を11に伸ばしてトップリーグ昇格を決定させた。そして第2試合。、残されたひとつの自動昇格枠を争って、地元コカ・コーラウエストレッドスパークス(同10)と豊田自動織機シャトルズ(5)が対戦した。

 既に勝点10を獲得しているコカ・コーラウエストレッドスパークスは、勝敗に拘わらず勝点1(4トライ以上 or 7点差以内の敗戦)を獲得すれば、2年ぶりのトップリーグ復帰が決まる。対する豊田自動織機は、自動昇格権を得るためには、コカ・コーラウエストレッドスパークスを3トライ以内に抑え、なおかつ、8点差以上で勝利することが条件になる。数字の上ならコカ・コーラウエストレッドスパークスが圧倒的に有利だが、勝負事は一筋縄ではいかない。有利な状況を利して圧倒することもあれば、受けに入って力を出し切れないこともある。厳しい状況をはね返そうと普段以上の力が出ることもあれば、そのプレッシャーに押しつぶされてしまうこともある。最後に勝利を手繰り寄せるのは、勝ちたいと言う強い気持ちに他ならない。

 そして立ち上がりから試合を支配したのはコカ・コーラウエストレッドスパークスだった。開始直後こそ反則やミスが目立ったが、ほどなく落ち着きを取り戻すと豊田自動織機シャトルズをグイグイと押し込んで行く。その流れのままに6分、11分、14分と連続トライを決めて19-0とリード。そして18分、豊田自動織機シャトルズのゴールライン手前からドライビングモールで押し込んで4つ目のトライを獲得。この時点で、あっさりとトップリーグ復帰を決めた。

 その後は、意地を見せる豊田自動織機シャトルズとの点の取り合い。最終的には、コカ・コーラウエストレッドスパークスが11トライ、クボタ自動織機シャトルズが7トライと合計18トライが生まれた試合は、73-49でコカコーラ・ウエストレッドスパークスが勝利。トップリーグ復帰に花を添えた。早い時間帯で昇格争いに決着が付いてしまったため、やや大味な試合になってしまったが、印象に残ったのは、コカ・コーラウエストは最後まで攻撃の手は緩めなかったこと。ブレイクダウンで優位に立ち、ボールを素早く動かしてアタックし続ける自分たちのラグビーを表現して見せた。山口智史HCは「うちがやりたいボールを動かすラグビーが出来た。打ち合いになってしまったのは反省点だが、ボールが速く動く、日本が目指すサッカーが出来た」と試合を振り返った。

 今シーズンのコカ・コーラウエストレッドスパークスのスローガンは「REBORN」。無念のトップキュウシュウ降格を機に、もう1度、1からチーム文化を作り上げようという想いを込めた。目指したものは、ディフェンシブなラグビーからアタッキングラグビーへの転身。ボールポゼッション率60%以上、4トライ以上を具体的な目標に挙げてトレーニングを積み重ねてきた。そして、トップチャレンジリーグ1の第1節、第2節でも、それぞれ4トライを奪って勝利を手にした。ただ、相手を圧倒するラグビーという点で言えば、「満足できない」という言葉を山口HCは残していた。

 そんな中で迎えた最終節。コカ・コーラウエストレッドスパークスは、本来、自分たちがやりたかったラグビーを余すことなく披露。80分間に渡って攻め続ける姿勢を貫いた。ディフェンス面での課題を口にしながらも「ディフェンシブなラグビーから、アタッキングラグビーに代わることが出来た。そして、選手たちには、意識を変えて、ラグビーが上手くなりたいという単純な原点に戻ってほしい伝えてきたが、選手1人、1人が変わってくれた」と山口HCが話したのは、そうした背景があったからのことだろう。勝因はブレイクダウンで優位に立てたこと。それがボールを速く動かして攻め続けるラグビーの実現につながった。

 だが、コカ・コーラウエストレッドスパークスが掲げる「REBORN」は、まだ序章が終わったに過ぎない。2月2日から始まる全日本選手権、そして来シーズンへと進む中で、その物語はさらに続いていく。そして、目指すところは日本ラグビー界のトップ。コカ・コーラウエストレッドスパークスのチャレンジは続く。


スポンサーサイト

昇格へ勝点1 最終決戦はレベスタで

130113_01.jpg トップチャレンジ第2節
日時:2012年1月12日(土)12:00
会場:近鉄花園ラグビー場
結果:コカ・コーラウエストレッドスパークス 26-22 三菱重工相模原
写真/文:中倉一志

昇格へ勝点1 最終決戦レベスタへ  ラグビートップリーグ昇格をかけて、コカ・コーラウエストレッドスパークス(トップキュウシュウ1位)、豊田自動織機(トップウエスト1位)、クボタスピアーズ(トップイースト1位)、三菱重工相模原(トップチャレンジ2-1位)の4チームで争われているトップチャレンジシリーズ。その第2節が、ラグビーの聖地・近鉄花園ラグビー場で行われた。自動昇格権が与えられるのは上位2チーム。残り2チームは、トップリーグ13位、14位との入れ替え戦に回る。第1戦を終えて、首位に立つのは勝点5のコカ・コーラレッドスパークス。以下、豊田自動織機(4)、クボタスピアーズ(1)、三菱重工相模原(0)の順に並ぶ。

 そして、この日の第1試合で、コカ・コーラウエストレッドスパークスと三菱重工相模原が対戦した。先制したのは三菱重工相模原。2分、相手陣内で得たペナルティキックを確実に決めた。しかし、その後は、一方的なコカ・コーラウエストのペース。FW戦で押し込んで三菱重工相模原を圧倒する。だが、先制点を奪われたシーンが象徴するように、コカ・コーラウエストレッドスパークスはミスや反則を連発。さらには、ギリギリのところで粘り強さを見せる三菱重工相模原のタックルにも悩まされてリズムが生まれない。

 コカ・コーラウエストレッドスパークスは18分、ゴール前のラックからトライとゴールを奪って7-3と逆転したものの、流れは変わらない。そして三菱重工相模原は24分、波に乗れないコカ・コーラウエストレッドスパークスの一瞬の隙をついてトライを奪って7-8と逆転、反撃の狼煙を上げる。最終的に、ラストプレーでトライを奪ったコカ・コーラウエストレッドスパークスが14-8とリードして前半を終えたが、試合の行方は全く分からないまま、勝負は後半に持ち越された。

 後半、立ち上がりから怒涛の攻撃を仕掛けたのはコカ・コーラウエストレッドスパークス。圧倒的に押し込みながらリズムを作れない前半に危機感を覚えたのか、集中力が前半とは全く違う。ミスや反則が姿を消した。そして、後半開始早々の3分にトライとゴールを奪うと、さらに15分にもトライ。26-8とリードを広げて、一気に流れを引き寄せたかに見えた。

130113_02.jpg 130113_03.jpg 130113_04.jpg

 しかし、この後、コカ・コーラウエストレッドスパークスの攻撃が緩む。これを三菱重工相模原は見逃さない。前半から再三にわたって見せていた、粘り強いディフェンスでコカ・コーラウエストレッドスパークスの攻撃を止めて、反撃のチャンスを窺う。ボール支配率は圧倒的にコカ・コーラレッドスパークス。だが、やりたいラグビーをしているのは三菱重工相模原。試合は混沌とした状態で進んでいく。

 そんなゲームが動いたのは29分。コカ・コーラウエストレッドスパークスは、パスを左に展開しようとしたところでミス。ボールは三菱重工相模原・椚露輝の両手へと渡り、椚露輝は、そのままピッチを独走してトライ。デイヴ・ウォルダーがゴールも決めて、25-15と迫る。このプレーで流れが一変。動揺を隠せないコカ・コーラウエストレッドスパークスを、三菱重工相模原が一気に攻め込んでいく。両者の勢いの違いは一目瞭然。そして33分には、コカ・コーラウエストレッドスパークス陣内にこぼれたルーズボールを、三菱重工相模原の大和田祐司が拾って独走のトライ。ゴールも決まって、残り7分で点差を4点まで縮めた。

 もはや、三菱重工相模原の勢いは止まらない。コカ・コーラウエストレッドスパークスは守るだけで精一杯の展開が続く。しかし、三菱重工相模原にも、あと一歩の力が足りなかった。そして、残りワンプレーを知らせるホーンが鳴り、三菱重工相模原が最後の攻撃を繰り出し、その勢いに、近鉄花園ラグビー場で両チームを応援する観客から、歓声と悲鳴が起こったが、コカ・コーラウエストレッドスパークス陣内でのボールの奪い合いで三菱重工相模原が痛恨の反則。これで試合が終わった。

「まだまだ納得できない」。そう話すのは、コカ・コーラウエストレッドスパークスの山口智史HC。今シーズンは圧倒的な力を見せてトップリーグに上がることを目標に掲げたが、それを表現できていないことを悔やんだ。しかし、2戦を終えて勝点10の結果は満点の出来。この後に行われた第2試合でクボタスピアーズが豊田自動織機を下したため、最終節を残して参加4チームすべてが自動昇格の可能性を残すが、コカ・コーラウエストは勝点1を積み重ねれば、自力で自動昇格を決められる圧倒的に優位な立場にいる。

「また来週、3回目のチャンスがある。うちのラグビーをして、トップリーグ初絵描くを掲げているチームとして、自分たちの強くなった力を示したい。」(山口HC)  残すところ、あと1試合。コカ・コーラウエストレッドスパークスは、地元レベルファイブスタジアムでトップリーグ復帰を目指す。

130113_05.jpg 130113_06.jpg 130113_07.jpg
130113_09.jpg 130113_09.jpg 130113_10.jpg

トップチャレンジ1大会要項はこちら



12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。